« 博多通りもん。もらった! | トップページ | もし、目が見えなかったら、と。いろいろ考える。 »

2007年2月21日 (水)

「ひばり」松たか子さん、めちゃ主演!(笑)

松たか子さん主演の「ひばり」という劇を見てきました。
松たか子さんは、正直、演技上手いです。 アニメの声やってたときも驚いたけど。
今はまだ、元から持っているものの輝きが強い感じですが、
これから、凄く上手な演技をする人だと思っています。 渋いの魅せてくれるかと。

僕の松たか子さんのイメージは、人を喜ばせる事が上手で、大好き。
その上、ずべてのタイミングを感覚で計れる人。
きっと他人から器用、と言われる事が多いだろうケド、そういうの好きでない感じがする。

けっこう演技でも悩み、苦しんでるのではないかなぁ。

今回の話はジャンヌ・ダルクの話でしたが、
舞台に出っ放しの演出は、正直恐ろしく感じました。
観客席も、舞台の一部のように見せているのだと思いますが、
同じように観ている出演者の人の細かな動きには、感動、より怖かった。

今回は気合の感じる劇でした。
15分の休憩が入って、終わったのが10時25分。
こんなに長いのに、ずっと出演しているなんて、信じられない。
15分の休憩のとき、松たか子さんが舞台でうずくまっていました。
そのとき、前髪がふわっ、て一瞬浮きました。
息をふぅっ、って吹いたとき、前髪が浮いたのです。
みんな、よしやるぞ、って気合入れるとき、息を少し強めに吐きますよね。
それ観たとき、「おおっ、気合入ってるっ!!」ってドキドキしました。

途中、シャルルのかつらの取れてしまった時、
松たか子さんの機転で凄く美しく収まった。これは、正直感動した。
こーいうのあると、本人も乗れる演技が出来るよね。

今回の劇の全体の感想は、まだまだ、解らないでいます。
台詞のやり取りなんか、本当に吸い込まれる。
後乗りのリズムで生きた声が聞こえてくるんですよ。台詞の言い回しだけ聴いていて
気持ちよくなるくらい。リアルだ。。。

ストーリーの最後の終わり方とか、よく解らなかったけど、
演劇とか、伝える事を声にする事は必要ないのかもしれない。
ひとつの話を、登場人物のリアルな気持ちを載せて
魅せるだけで、それは観た側も大きく感動するものなのかもしれない。
演劇の観かた、捉え方を間違っていたかも、と、
考えさせられる劇でした。

しかし、シアターコクーンは、サイド席見えないね。
当日券の立ち見の方が全然見れるかもしれない。
よく解った。
あと、マナーの悪い人も、今回多くて悲しくなった。。。

あ、あと、橋本さとしさん、かっこよかった!!
他にも好きな人、沢山出来た。それで、また、チケット取っちゃった(笑)

Tシャツ2000円。けっこう良いかも。
パンフ、1800円。
http://www.bunkamura.co.jp/shokai/cocoon/lineup/shosai_07_hibari.html

|

« 博多通りもん。もらった! | トップページ | もし、目が見えなかったら、と。いろいろ考える。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ひばり」松たか子さん、めちゃ主演!(笑):

« 博多通りもん。もらった! | トップページ | もし、目が見えなかったら、と。いろいろ考える。 »