« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

ドレスデン聖十字架合唱団

ドレスデン聖十字架合唱団の、「マタイ受難曲」を聴いてきました。

指揮者の方が、ペーター・シュライヤーが骨折したとかで、
ローデリッヒ・クライレに変わりました。
これがどんな影響が出るのか、よく解りませんが一度は聴きたかったので
良い演奏を期待するばかりです。

しかし、バッハの「マタイ受難曲」はいつも寝るときに聴いていた曲。
。。また、やってしまうか。。。(笑)

今日はサントリーホールに18:30です。必死にベルさっさして間に合わせました。
18:30-<75分>-<休憩15分>-<95分>  という進行。

パンフレットは1,000円
他、CDとか売ってたみたいですが、覗きませんでした。。。

今日は観客席に空席が目立つ残念な状況。
演奏する側になって考えると申し訳ないけど、隣のホテルから出てくる人も多く、
期待して観に来ている人も多かったみたいです。
ステージの左右には縦型の字幕表示盤があり、開始前には予定の時刻が
表示されていました。
ここに歌の歌詞の意味が表示されます。

さて、会場が暗くなりました。
オケの人が入ってきて、次に少年合唱団のメンバーが入ってきました。
大人?と思えるくらいの子もいて背がバラバラです。
勝手にゆれてるし(笑)     さすが子供。

そして歌い手さんと、指揮者の方が入ってきました。

始まりは、受難曲の大筋を歌いまくりますっ!!
コレが聴きたかった。
パンフ開きつつ、字幕も追って、さあ、地べたを這うような弦楽器の音を聞かせてくれ!!

と、おもったら、、、あれ?  なんかバラバラ。そして、テンポはやい???
なんじゃぁぁぁぁぁ、、、、こりゃ!!!!

一気に気持ち、醒めました。   あぁぁ、、、素人の自分でも、失敗だとわかるんだなぁ、と
感じました。初めての経験です。
音のあってない、ずれを感じる演奏は、気持ち悪いです。

1番聴きたいところがこんなとは。

まぁ、とりあえず最後まで聴くか。。。と、思っちゃいました。

歌の声は気持ちよかったです。
テノールのマルティン・ペッツォルトさんは、ものすごく気持ち良い声とドラマ感のある
歌い方で、こんなに強弱つける歌い方ってあり?と思いました。

歌聴いていると気持ちいいです。次第に、最初の違和感は忘れていきました。

休憩に入って、弟に「なんか演奏早かったよね。」といったら、
「ええっ? 予定より遅いよ???」って。
時計見るとホント、遅い???  訳わかりません。。。確かに最初早かったのに。

予定は75分が気がつくと表示が80分に変わってました。休憩も20分だって。
ありえない。。。

さて休憩が終わり演奏が始まりました。
もやもやした気持ちで、演奏が始まったとたん、あっ、と思いました。
演奏が気持ちよくなっている。
音が少しずつ良くなったみたいです。
2部では、楽器のソロ(っていうのか???)で演奏者が2名だけ、というものが幾つかあり、そのたびに気合の入った演奏がされていきます。
ぬぉぉっ、スゴイ!!!
そして、最後の74曲目は、もう、コレで最後、というカンジで合唱、独唱、各楽器の
これでもかっ、、、という気合の入った演奏で、きたーーーーーっ!! という感じ!!

これだよ、コレ。なんだよ、すげーじゃねーか!!!
もっかい、1曲目やってくれーーーーっ!!!  とマジで思いました。

いやー。良い演奏でした!!!

しかし、その間の子供たちのだらけ具合。笑えます!
指揮者も、けっこう腰くねくねさせる振り方で、面白かったし。よくよく見ると楽しみどころ、
多いです(笑)

クラッシック、気持ちいいなぁ。。。
3月は、18日にズービン・メータ
     24日に東京シティ・フィル
           29日に読売交響楽団です。   <--- 意地でもいい演奏聴かせてね。
4月   17日ハーディングです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月27日 (火)

マイケル・シェンカー行けなかった。



仕事で行けませんでした。。。

なんか凄くいい演奏だったようで。弟は間に合ってみてきたそうで。
これなかった私のためにTシャツを買ってきてくれました。

行けなかったライブのなんて。。。。

しかし、カッコイイから貰っておこう。

そんで、これがその写真なんだけど、よく観ると途中キャンセルの中野と、
今回の中野、AX分 + ロシアですかね? 日程入ってます。

-EXTRA ”THANK YOU” SHOWS -  って入ってますね。

前回の会場のものと違うのです(笑)

みんな、買ったんですかねぇ。。。。しょうばいじょーずだなぁ。

そいえば、噂の通り、中野の振り替え公演ではサイン会があったそうです。
いいなぁぁぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE HEIGHTS、気に入った!



CD買いました。あとで視聴できるようにリンク張りますけど、いちおう。

カイザー・チーフスってタイガースみたいな曲ですね。
なんか古いカンジ。

ドリーム・ステイト  ピアノできれいなかんじの曲があります。
しかし、リーランドの方が好きだな。

それよりも、みっけもんは、THE HEIGHTS(ザ・ヘイト)です。
疾走感の曲は、結構はまる!!!EDITORか、WE ARE サイエンティストっぽいカンジかも。軽い感じでなかなか良い!!!

でも、広告でツェッペリンっぽいようなもの見かけたので買ったんだけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

ユーフォーリアってすげぇっ。

ユーフォーリア(EU PHORIA)のライブ、初めて見ました。

最初始まったとき、すっごいテンション高いカンジで、ボーカルの子、

髪振り乱して、しかし、リズムはキチンと押さえている。

歌、うっまーーーーぃ。  何者???

ギターもげぇぇっ、って思うくらい弾いてた。きっちりね。 ドラムとかもきっちりやっててさ。

ベースも、けっこう激しく動いても良く弾いてるし、キーボードも良い感じ!

なのに、それも、みんな笑顔でさ。

よく解らん。。。最初の曲好き。CD買わねば!!!

と、思ったら、「シングル・ベット」をカバーしてた娘たちだったんだね。

「只野仁の。。。」と、曲の始まりに言って、初めて気がついた。

ゴメン。演奏上手いけど、シングル・ベットは、あまり好きじゃないよ。

でも、そのあと続いたテンポのいい曲は、良いっ!!。

ハマッタ。もっと詳しく知りたいっ!!

ライブ、いっちゃうなぁ。。。今日、このバンド知っただけでもう幸せ。

帰りは、ユーフォーリアの話で盛り上がったもの(笑)

正直、かわいい子ばかりだけど、それだけなら応援できない。

上手くなりそうでなきゃね。いい曲やってくれそうでなきゃね。。。

なので、応援するっ!!!    アンケート、えんぴつないと書けないよぅ。。。

http://avexnet.or.jp/euphoria/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

拝郷メイコ、ライブ!!!

拝郷メイコさんのライブに初めて行きました。
以前、店先でCDを聴いて気に入り、その店先でサイン会があると聞いて
参加したときに、ギター1本で聴いた、「空と海」に感動。
いつかライブに行きたいとおもいつつ、なかなか行けませんでしたが、
約3年。
やっと行けました。

場所は渋谷BOXX。以前、ナイス橋本さんのライブで行ったところ。
今日は、弟と五十嵐さんと3人です。
ウタカタクロールという4枚目のアルバムが発売された、ということでの
発売記念ライブだったそうで。。。しらなかった。

会場には男の人が多くて、ちと驚いた。
曲の歌詞は、女の子が共感するものだと思っていたし、
性格も楽しそうで、女の子受けすると思ってたんだけど。
ああ、でもライブに来ている女の子は、きれいな子ばかりで、
それも不思議だった。

始まりは、新しいアルバムからの曲で、
今までのカンジと若干ちがう、水の透明感を感じる曲でした。
う~ん、良い事あったのか??? 舞台も青くてキレイなカンジ。

でも、自分が好きなのは2枚目のアルバムの曲。
2枚目のアルバムからどれだけの曲をやってくれるのだろう、と
ドキドキしてましたよ。

2曲終わって、ちとトーク。
「クロールと言えば?」
「クロールと言えば?」
というので、なんかお約束でもあるのか?とあたりを見回す。
「。。。海だよ。」
あ、そなの?
「クロールと言えば?」
ってもっかい。しかし会場シ~~~ン。。。
「もう、いいよ。」(笑)
そんで曲が始まる。楽しい演出。笑いが拝郷メイコさんの味だよね。

歌う曲は、声をキレイに伸ばすところがキレイで。
世の中の人の生活のある幸せな情景を歌にしたような、
そんな気分になります。。。ああ、どの曲も楽しい。。。

そしたら、
「ふるい傷がカサプタになって。まだ残っていて。」
「それを指ではがしたら、まだ血が出てきてしまう。」
「そんな心の傷。。。」
みたいな事を話しながら始まったのが、「空と海」
正直、この曲で泣きそうになる。。。これが聴きたかった。

この歌詞だけで、悲しみは察ししきれない。
けど、悲しい思いがあっても、大切に思いたいものがあって。
大切にしたいほど、溢れてしまう気持ちがある。
そんなことを感じる曲です。
悲しくなって、海を見に行きたいと思うのは、この感覚なのかなぁ。。。

そして、そのまま続けて歌ってくれたのが、「ソイトゲヨウ」
これまた、幸せな気持ちになった。
これも聴きたかった!!!

演奏が終わったとき、「拝郷メイコの曲の中で1番悲しい曲と、1番幸せな曲をやりました。」
と言ってました。
ああ、やっぱり2枚目のアルバムは名盤!

アンコールには1曲だけ。
再アンコールでは曲の準備が出来ていなかった、ということで
挨拶だけ、で終わりましたが、うん、のどの調子が悪くて、1週間前には
声が出ていなかったというから、ムリしてたんだね。

ライブ、楽しかった。
しかし、会場静か。。。声を出したのも自分が最初だったみたい。
静か過ぎて怖くて(笑)
弟に、あれは静かに聴く曲だもの。いいんだよ。と言われ、ちょっと反省。
アンコールも拍手だけで、声出したい、と思ったけど、「メイコー!」って言うのもね。
でも2回ほど声出したけど。。。
なんか、まだこんなに狭いところでやってくれるんだから
もっと話しかけてライブ楽しみたい。
曲がいいな、と気づかれて売れたらきっとこんなに近くで観れないもの。。。

あ、そだ。
ライブで名前呼ぶとき、どんな風に呼ばれたいか、聴きたかった。
アンケート、今回は友達も一緒だったので出せなかったんだけど。
次回行くときは聞いてみたいな。

今日はライブの後、木脇さんと合流し、4人で飲みに。
美味しい、そして店員さんが凄く親切で、とても怪しい立地の店に
行きました。
電車なくなってタクシーで帰ったけど、楽しかった。。。ライブも食事も!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

お魚食べる。。。

釣りしてつった魚をたべられる、ざうおに行きました。

釣りはしなかったけどね。結構他の人は釣っていて、それも釣れていました。

感想。。。刺身盛り合わせ。。。少ない。

しかし、天ぷら、大盛り(笑)

似たようなものばかり頼んだせいか、すこしうんざりして帰りました。

ちと飲みたい、と言うカンジであれば普通の飲み屋の方が楽しめて安いかも。

食べた刺身の中で、1番美味しかったのはタコです。

んで、やっぱり海の匂いっていうのがして、リアル釣りをしている自分なんかは、

なんか、釣り場に居る気分になってしまって、なんか食欲減。

釣りしているときは、ご飯食べないものね。。。

店、結構混んでいて店員さんもしっかり働いていていいんだけどね。

一緒に行く人は選ばないと、楽しめないトコだと思いました。

http://www.zauo.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ク・ナウカの「奥州安達原」

ク・ナウカの「奥州安達原」を観てきました。これ、貰ったDVD&CDです。

ク・ナウカは、今回チラシを偶然目にして、面白そうだなぁ、という興味だけで
行く事にしました。
ク・ナウカが、古典的な話を元に創作していく劇団だということは、
実はさっきわかりました。
「奥州安達原」も、新橋演舞場などで行なわれるような、文楽とかの
有名な話である事もさっき知りました。

あまりにも情報がなかったので、最初にWEBで情報を集めたところ、
観た人の感想がありました。
「ぜんぜん解らない。最初に話の筋がわかっていたら楽しめたのに。」

これは。。。。やばいっ。どいうこと?

チラシには、昔に描かれた「奥州安達原」の絵が写っていて、
昔話のひとつなのか。とは思っていたけど。

先に、あらすじはなんとなくわかっているから、あとはパンフを買って
読めば問題ないか。
そう判断し、弟にも、「先に読んでおけ!」と伝えました。
パンフは売ってませんでした。
配られたチラシに入っていました。
そこには、
  純粋に話の展開を楽しみたいのなら、あらすじを読まないほうがいい。
  もし、話を追うことではなく、演技者の動きなどをしっかり楽しみたいのならば
  先に読んでおく事をオススメする。
らしいことが書かれていて。
弟は、、、この最初の1文で読まないことにしてしまいました。。。

会場は体育館。
舞台は少し高めのところに作られています。
朗読の人、役者の声をする人。
演技をこなす人。
そして、コーラス、楽器で舞台の効果をたかめる人。

まだ、公演中であるため、演出などはかけませんけど。
表現方法を突き詰めている感はありました。

役者の動き。声の響き。コーラスの存在。
その台詞の独特な方言(?)
全てがひとつの世界を作り上げている。
そう、そして1番観ていた人が、なやむのはこの方言(?)だったはず。

話の筋をしっていた自分は、ひとつひとつの台詞や動きに飲み込まれていきました。
両の手をずっと握ったまま。。。じっと観てしまった。

役者の目は人形のように何かを見ています。
始点が揺らぐことはなく、何かを見ています。
観客席は、きっと彼らにはないのです。かれらもその世界にどっぷりなのです。

台詞が解りにくいのはありますけど、それは関係ないかも。
人は、心の中にある音楽が流れていて。
それはいろんな感情のたびに聞こえてくる。
耳から聞こえるのではなく、心の中で流れている。
だから、それは、どんな音楽?と聞かれても伝える事が出来ない。
それが、この空間では表現されていたように感じた。
演技のされる度に心の思いが、ふぁぁぁぁっと外に溢れるカンジ。
だから見ている間に考え事なんてしません。

正直、演じている方は厳しいと思う。こんな表現を続けていく事は、
どれだけ大変だろうかと。
しかし、表現という考え方では、これはだれもが一度は見てみたいものだと
絶対に思う。
演技も、声もすばらしい。けど、もっと何か違う言葉で僕も観た感想を伝えたい。

観る側の人の意識も問う作品なので、誰にでもお勧めはしないけど、
日々、いろんな表現を考えている人には観てもらいたいと思いました。

ク・ナウカのHP
http://www.kunauka.or.jp/

奥州安達原の話
http://www.kanze.com/nonotayori/adachigahara.htm
このなかの老婆「岩手」の話。
今回の劇では若干変えられているところはありますね。

http://www.kanze.com
いつか、文楽などでも見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もし、目が見えなかったら、と。いろいろ考える。

おとといの話だけど。

目の不自由な方が、田町の駅近くの横断歩道でオタオタしていた。

赤信号を渡ろうとしている。

誰か手を貸さないのか?  と思ってみていたんだけど、だれも助けてあげないので

自分が手をとって。「まだ信号赤だから、ちょっとまって」と声をかけた。

青にすぐになって手を引きながら歩く。

黙ったままもなんなので、話しかける。

「これから、どちらにむかわれるんですか?」

「はい。山手線にのって。。。」

えっ、、、逆です。

慌てて、反対ですよ、と教えて手を引きながら反対の信号を2人で渡った。

そして、駅に向かうと言うが、道には黄色い溝のタイルがまったくない状態。

これで、見えない人に向こうが駅ですから、とは、さすがに言えなかった。

じゃぁ、駅まで行きましょう。と手を引いて駅まで。

話によると仕事で初めて田町に来たとのこと。その帰りだったそうです。

エスカレータのところまで連れて行き、ではココはもう駅ですので、大丈夫ですよね。

と、さよならしたら、いきなり降口のほうから上がろうとした。

あ、と思ったけど、すぐ、周りの人が助けてくれた。それで安心してやっと帰ったんだけど、

昼飯は食えなかった(笑)

そんなことがあって帰り道、黄色いタイルがないことや、

自転車があちこちに置かれている事の危険さ、不自由さが凄く理解できた気がした。

だって、この50Mくらいの道、手を放してあげられなかったんですよ。

みな、放置自転車はするな、と言う事を笑いながら無視しているかも知れないけど、

大切なルールには、大切な理由がある。

人は、みんなと暮らしているんだな。

世の中がもっともっと、良くなる事を望む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

「ひばり」松たか子さん、めちゃ主演!(笑)

松たか子さん主演の「ひばり」という劇を見てきました。
松たか子さんは、正直、演技上手いです。 アニメの声やってたときも驚いたけど。
今はまだ、元から持っているものの輝きが強い感じですが、
これから、凄く上手な演技をする人だと思っています。 渋いの魅せてくれるかと。

僕の松たか子さんのイメージは、人を喜ばせる事が上手で、大好き。
その上、ずべてのタイミングを感覚で計れる人。
きっと他人から器用、と言われる事が多いだろうケド、そういうの好きでない感じがする。

けっこう演技でも悩み、苦しんでるのではないかなぁ。

今回の話はジャンヌ・ダルクの話でしたが、
舞台に出っ放しの演出は、正直恐ろしく感じました。
観客席も、舞台の一部のように見せているのだと思いますが、
同じように観ている出演者の人の細かな動きには、感動、より怖かった。

今回は気合の感じる劇でした。
15分の休憩が入って、終わったのが10時25分。
こんなに長いのに、ずっと出演しているなんて、信じられない。
15分の休憩のとき、松たか子さんが舞台でうずくまっていました。
そのとき、前髪がふわっ、て一瞬浮きました。
息をふぅっ、って吹いたとき、前髪が浮いたのです。
みんな、よしやるぞ、って気合入れるとき、息を少し強めに吐きますよね。
それ観たとき、「おおっ、気合入ってるっ!!」ってドキドキしました。

途中、シャルルのかつらの取れてしまった時、
松たか子さんの機転で凄く美しく収まった。これは、正直感動した。
こーいうのあると、本人も乗れる演技が出来るよね。

今回の劇の全体の感想は、まだまだ、解らないでいます。
台詞のやり取りなんか、本当に吸い込まれる。
後乗りのリズムで生きた声が聞こえてくるんですよ。台詞の言い回しだけ聴いていて
気持ちよくなるくらい。リアルだ。。。

ストーリーの最後の終わり方とか、よく解らなかったけど、
演劇とか、伝える事を声にする事は必要ないのかもしれない。
ひとつの話を、登場人物のリアルな気持ちを載せて
魅せるだけで、それは観た側も大きく感動するものなのかもしれない。
演劇の観かた、捉え方を間違っていたかも、と、
考えさせられる劇でした。

しかし、シアターコクーンは、サイド席見えないね。
当日券の立ち見の方が全然見れるかもしれない。
よく解った。
あと、マナーの悪い人も、今回多くて悲しくなった。。。

あ、あと、橋本さとしさん、かっこよかった!!
他にも好きな人、沢山出来た。それで、また、チケット取っちゃった(笑)

Tシャツ2000円。けっこう良いかも。
パンフ、1800円。
http://www.bunkamura.co.jp/shokai/cocoon/lineup/shosai_07_hibari.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

博多通りもん。もらった!

これ、美味しいんだよね。博多通りもん。

会社の女の子に貰った!!   もう結婚してるんだけど、お友達!

田舎に帰ったんだって!   旦那さんフランス料理のお店で働いていて、

いつかお店出すのが夢なんだって。  応援してます!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

ワイルドハーツ

ワイルドハーツ、ライブ行って来ました。

人気のある理由、わかりました。ギター系のパンクだったんですね。
ハノイとかみたい。
古い感じで楽しい。あの小さな会場でダイブしてたし(笑)
こっちは仕事帰りのスーツなのに、もみくちゃ。。。

アルバム聴いたときには、この楽しさは伝わらないな。
ライブ盤買ったほうがいいんだな。こんど、そうする(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

月の子供。観てきたよ。

今日は下北沢の本多劇場で「月の子供」を観てきました。

千秋楽であり、今日は1回だけなので、期待大です。
出演者は、三倉茉奈さん、三倉佳奈さん、風間トオルさん、宮地真緒さん、、、しか
良く解ってないです。スミマセン。TVとか観ない方で。。。

最初は、小杉美和さんが、開演前のお願いを説明。
はきはきとした説明に、開演前の緊張が走る。いい意味で気持ちいい。

始まりはジョン・レノンのイマジンから、何度も同じ言葉を使い、世の中の矛盾を突付いてくる。

「想像してごらん。」 

始まりから、世の中に対しての意見から始まる。。。
それが、作者の意図するものなのか、はたまた、作者の否定するための前フリなのか。

茉奈さん、佳奈さん、どちらか解らないのですが、共に、声が自然なのに良く通る。
だからこそ、台詞を聞くたびに、少年の叫びが、世の中の声にならない叫びのように聞こえる。
始まりから、ぐわっと、えぐられる。
そして、「下を見てごらん。」「名無し」「それじゃ、ココと変わらないですね。」
多くの台詞が、記憶に残る形で使われている。。。

駅のホームの下にいる風間トオルさん。
最初は誰だかわからなかった、宮地真緒さん。下妻っぽいんだもの。(笑。)
伊藤裕子さんもよかったなぁ。。。警官の納谷真大さんも面白かった。
きれいな人、かっこいい人、沢山出ていたけど、オフスプリングの音楽に併せた踊りが
見せ場のひとつで、台詞のスピーディなやり取りも、今回の劇の雰囲気を作っている。

正直、皆上手いと思った。

本当に演技の上手い人は、後ノリのカンジが出せる人だと思う。
ロック、よりファンクなのかなぁ。。。
リアルって、必ず反応してから返事するの。
だから、一テンポ、かならず遅れるんだよね。
でも、会話のリズムは崩れないカンジ。。。。と、素人は勝手言うなぁ(笑)
今回の劇は、このカンジは少なかったけど、舞台のイメージはそれでいいのだと思った。
問いかけ。問いかけ。問いかけ。。。の舞台だもの。

個人的には、2時間を凄く短い時間に感じた。
楽しめたと思った。

でもね。。。問いかけ。問いかけ。問いかけ。ってのは厳しい面もある。
やる側も、観る側も。。。
そして、、、言いたい事は1つにしなさい。と言いたかったなぁ。(笑)
あまりにも詰め込みすぎてさ。
何かを考えさせようと思うのもいいけど、それだけだと優しさがないんじゃないかな。
自分が問題だと感じていること、それらを、センス良くコマーシャル的に
作り上げていると思うけど、2時間は長く、言いたい事を詰め込みすぎて、
キャラクターの心が感じ取れなかった。

出演者の方は、個々に元の話を読み取り、自分の思いを乗せていたと思う。
そして、自分には解らない作者の意図、演出の意図があって、
それらを壊さないように、作り上げよう。という気持ちが凄く感じられた。

どうだったんだろう。
出演者はきっと、話の意図を、的確に伝える自信はないのだろうなぁ。
パンフをみてちと笑ってしまった。
それでも出来るのは芸能人の凄さだな。

この作品を作った人は、いい人だな。きっと。
優しいから詰め込みすぎる。思いを乗せちゃうのだな、きっと。

自分でも、いろんなモノを作ろうとしてアイディアを練るのだけど、まともな作品に
ならないのはこの迷いがあるから。
伝えたいものは何?と自分に問いかけると、あまりにも沢山ありすぎて。
ひとつの作品にしようとすると、他の伝えたい事に対して嘘を言ってしまいそうになるから。
。。。う~ん、書いていて嫌になる。
自分は単純に言い訳しているだけかもしれない。
作らなければ始まらない。やったものの勝ち。そんなコトバが離れない。

感想をこんなに書いても結局は自分の事をグチグチっとなってしまうのは、
情けないとおもうのだけど、ココにいろいろ書くのは、
一生懸命頑張っている人がいると感じたら、応援というより、
正直に反応を返してあげたいと思うからで。
このブログは、友達には教えてないから、
検索で誰かしらがたまに観てくれているだけだけど、間接的にでも
こういう思いが伝われば嬉しいと、思ったりするのです。
。。。書いてて恥ずかしくなるなぁ。
まぁ、思ったこと書いて、良いよね。ブログだもん。

今回の劇では、三倉茉奈さん、三倉佳奈さんの声には良い意味で驚いた。
普通の台詞が、存在感をもちながら、あれだけ皆に聞こえるのは、素質なんだと思う。
双子のデメリットはあると思う。自分は今までもそのことが気になっていた。
でも、それは普通の役者とかと比べたときに感じること。売り出し方とかね。
しかし、それ以上に双子のメリットは実はある。そう気づかされた。
周りが気づくより、本人たちがきっと気づいていると思う。
まだ、若いから、これから自分たちの世界をつくっていくんだろね。
勝手な話だけど、「面白いなぁ、どんな風な役者になるんだろう」、と思った。
こーいう思いは楽しい。

今回の劇では、台詞が少ない人、多い人があって、はっきりと解らなかったけど。
動きは本当にみんな良かった。みんなのこの演技が舞台の雰囲気作ってたから。
も一回くらい観ておけたら、もう少し感想も変わったかなぁ。。。

感じ取れていない、自分の未熟さもきっとあるよね。

ストーリーの所々のオチは、これからの人生に使っていくと思います。
理想が正しい、といってそれを推し進めたとき、人は生きていけないのかもしれない。
迷うのは人だけど。決めなくては進めなのも人なんだよね。
他人に言われて何かしていたとしても、自分が決めたことだから。
僕が、この劇を楽しめた、と思ったのは、自分の心がこんなカンジにえぐられた事。
だから、感想も長くなって、まとまりがない(笑)

こいうう自分の意見も言いたくなる作品は、嫌いじゃない。むしろ好き!(笑)

しかし誰かに読んで欲しいけど、読んで欲しくないような微妙なものになっちゃった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いやはや。

前の写真を載せてみる。。。いい感じで撮れてるでしょう?

こんなに笑っているのは、思い出しても無いよ。。。

今、仕事とか、いろいろ大変。。。  でも、頑張らないとね。

Scan10001

明日は「月の子供」を下北で観てきます。

面白いかどうか、は、観てのお楽しみだけど、コレ、かなり期待しています。

チケットとってから、出演者を良く見て、ああ、TVに出ているひとばっかだぁ。と

気がついた。

ますます、楽しみになった。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーロラの彼方へ

以前、昼間のテレビで観た映画。

あまりにも面白くて、DVDで再度観ました。

ドキドキして、はらはらして。

そんでもって、痛快に終わる。

単純に面白くてやっぱ良いです!!!   何度か、ぞくっ!!って来ますよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

ガンズ、来日だって!!!

とうとう来るのか、ガンズンローゼス!

クリエイティブマンが招致するらしい。。。

ギターはバケットヘッドじゃないんだよな、、、ジャイアントロボ、聴きたかった。。。

しかし、そういうバンドじゃないものね。

先日、なんかの雑誌で見たら、アクセル大きくなってた(笑)

最初、ヴァン・ヘイレンかと思った。

ガンズ、小さなトコなら行きたいな。あの声は、無二だし。  ムリだな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

カイザー・チーフス、チケット完売

カイザー・チーフスってバンド、いいなぁ。

初めて聴いたけど、なんて楽しい曲を演奏するんだ。

好きな子と行くなら、こういうPOP MUSICがいいなぁ。

視聴できるから、下、覗いてみてね。

http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/kaiser_chiefs/index.html

追加公演しないかなぁ。。。3/15のライブ、ナイス橋本のライブもあるし。

チケット完売。行きたかったのに。。。

俺の誕生日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

ばれん

ばれん
ことしは6個いただきました。
しかしお返しは9個。
ギリでもらうとそんなもんす。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

笑った! グラハム・ボネット!

グラハム・ボネットがアルカトラスで来日。

それも、ジョー・リン・ターナーとダブルヘッド!!!

http://www.zak-tokyo.co.jp/artest/2007/ALCATRAZZ/ALCATRAZZ.html

やっぱ、アンコールは、レインボーですかね!!!

DIOいないけど。。。

どなるんだっ!!!     って、普通にやって終わるだけか?

なんか、AZIA来たり、2007年は歴史を感じるなぁ。。。

BLUE OYSTER CULT また来日しないかな。。。

ちなみに、ローディ、来日です(笑!)  強烈すぎっ!!!

http://www.udo.co.jp/artist/Lordi/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

おでん、東京マラソン

今日は弟と秋葉原で食事。

食べるトコ、沢山あるので便利です。

今日は左のビルの3階でおでん、食いました。

ゆず風味の汁の中に色々!

結構大き目の具が良いですね!

でも、カレーボールなかった。。。砂町銀座だったら、必ずあるのに。。。

今日はそこから、茅場町まで歩きました。

途中、水天宮のトコ行ったりして。。。観光です。

そいえば、東京マラソン、大変な事になるみたい。

ことし演劇のチケット買ってなかったら参加したのに。。。

このルートは今年でおしまいでしょう。。。

トラック業界も大騒ぎみたいですよ。

宅配もムリだね(笑)

道路が横断できないから、歩きの人も早めに行かないと遠回りしないといけなくなるよ。

当日の慌てっぷり、楽しみ(笑!!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

ガンバの冒険!

テレビでさ。あしたのジョー2、やっていたのです。

んで、懐かしくなって、買ったけど観てなかったガンバの冒険を出してきて見始めました。

原作だと15匹だったっけね。

でもアニメにしたときに7匹に減らしたんだって。

ストーリーが煩雑になるから、とかいうことらしい。それ、的中だね。

これ、観るたびに熱くなる。。。   あしたのジョーも観たいなぁ。。。

やっと1枚見終わり。次は陸地編です!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CD買った。ジ・アンサー と Leeland

Leelandは、先週ライブがあったんだけど、体調不良でいけなかった。。。

最近、体調不良で行かない事が多くなったので、自重する事にした。

でもこのCD、結構気に入ってる。 昔、BLACKというバンドがいたけど、そんな感じの曲。

やっぱり生で聞きたかったなぁ。

ここで曲聴けますね。↓ 

http://www.leelandonline.com/ecard/

オフシャル↓

http://www.leelandonline.com/

日本語の詳細は、↓

http://www.bmgjapan.com/leeland/profile.php?id=2175

ジ・アンサー は、スッゴい騒がれていて。

聴いたら確かにいい感じに演奏している。。。でも。。。

面白さない気がする。   うまく作りすぎてる。

いま、求めているのは違うから。。。ごめんなさいだな。

ハードロックだけど、ギターヒーローは居らず、そしてボーカルのクセはない、と感じた。

それじゃ、面白くないのです。

まだ1階しか聞いてないから、また感想変わるかもしれないけど、がっかり。

あとはWILDHARTS。  どれ聴いたら良いか解らず、沢山買ったが、聴くほどよく解らなくなる。どしたら良いんだ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイス橋本さん、と、エンジョイさん

やった!  HMVでサイン貰えた!!!

ナイス橋本さんは、もう4回くらいライブ行っているけど、

今回初めて話しかけることができた。

サイン会、1人目は弟。2人目は自分でした。

ライブ行きます。としか言えなかったな。。。  すっげー熱く語りたかったけど、

WE ARE サイエンティストのライブ行ったんですよ!と自慢したかったし。

へあふぉーらいふの髭がハンズで売っている事も、教えたかったけど。。。

やっぱ、無理だなぁ。

ライブ会場でいつか長く話したいなぁ。

エンジョイさんは、一度、mixiでやり取りしていたので、また熱く語りたかった。

ギター好きですよ、声も好きですよ!って。

シャイニンガールの曲聴いてますよ!とかね。  しかし。。。

今回は熱く見つめあいました。。。。愛が生まれるだけでなく、育つくらい。

いやはや、危険だ(笑)

曲は本当にいい。

先週のぴあでも1位になってた。V6押さえてってトコが凄い。

インストアライブなのに、普通に盛り上がって楽しかった。

東京でのインストア、これからもやってほしい。。。

以下で聞けたり観れたりします。

http://www.jvcmusic.co.jp/speedstar/-/Discography/A020521/VICL-62254.html

そして、オフシャル↓

http://www.nicehashimoto.com/top.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はやく起きた朝は・・・です!

オヤジを連れて行きたかった、「はやく起きた朝は・・・」。

はじめてみてきました。最終日。

笑った。。。この3人は面白い。楽しんでいる方向がみなバラバラでありながら

纏まっている。

同じ事をする人がいないことで、活け花の空間を考えたデザインのように

完成している。  

特にきっと意図していない。だからこそこちらも自然に美しいと感じる。

しかし、意図していないモノでも、努力ナシには出来ないだろう。

努力の跡ににじみ出ているのだ。そういうのって感じるよね。

笑ったよ。久々に。。。   笑いっていいね。 と思った。

ありがとう、って言いたいな。今日は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京タワーで墓参り。

前にも書いたけど、心光院さんというお寺さんにうちのお墓があって。

今年初めての墓参りに行きました。

なので東京タワーです。

最近、TVドラマの影響でスッゴく混んでるんだって。

30分待ち、とか言ってた。信じられんっ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイス橋本!そして村カワさん!に会いに行くぞ!

今日は渋谷に行ってきます!!

誰か来ますか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

上松美香のLIVE DVD!

帰りに上松美香のLIVE DVDを買った。

2006年のスィートベイジルでのライブの映像で、自分が観にいったときのでしたので。

友達が映っているというから。

このときの公演の曲は、最新アルバムのアニパ、とその前のアルバムからの曲で。

正直、最高のライブになった。

なんせ曲がいい。

そして、演奏がいい。あのパーカッションの人、何者???  要チェックや!(古。。。)

アニメの曲のアレンジも、誰がどうしようと考えてこんなアレンジになったの?と

本当に詳しく知りたいとおもう曲になってた。

銀河鉄道999、キャンディキャンディ、キューティ・ハニー。ルパン三世も、

JAZZっぽさを入れた上で、爽快な気持ちよさが残っていて、

アニメの曲ってカンジじゃない。ひとつの作品になっている。

すばらしい。。。   下で聴けます。

風、という曲はすばらしい!     

http://www.universal-music.co.jp/classics/j_classic/mika_agematsu/discography.html

あ、友達映ってた(笑)。自分は端で隠れて見えなかった。。。。

あ、そいえば。

作曲家の渡辺岳夫先生は、1989年6月に56才で亡くなられたそうです。

今、アニメの曲を聴いても映像が浮かんでこないけど、このころの曲って、

聴いただけでアニメの台詞が浮かんでくるものね。

商売っけだけの文化ばかりを作っていたら、ちゃんとしたの作らないといけないときに作れなくなるのにね。

中身は、すぐに育たないんだよ。  いいのかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャルル・アズナブールの公演。

シャルル・アズナブール、最後の公演だそうです。

シャンソンなのですが、枯葉、くらいしか曲、知らないので一度有名どころで

聴いてみたいと、チケットを取りました。

それから、CDをめちゃくちゃ探して聴いたのですが、、、。

がっかり。シャンソンらしい曲がない。。。一発で嫌いになりました。

そして今日、絶対に寝てしまう。。。

そう思いながらの公演でした、が、、、ちがう。

82歳なのになんだ??? あの声は?

そして曲は、イイ!  こんなの入ってなかったぞ! シャンソンじゃないか!

そう、CDが本当に売ってなくて。買うの失敗していたみたいです。

今日聴いた曲は、本当にすばらしい曲、そして歌でした。

今、来日記念盤が2枚組みで売られています。これ、オススメです。

シャンソンってどんな曲?って、弟に言われたとき、「ああ、ヤマトのエンディングだよ」と

言いました。今日、弟はその通りだね、と言ってました。

ハンカチを捨てる演出や、観客席を舞台に見せる演出も、約束どおり行なわれていました。

さすが、3分間のお芝居、というだけある。

しかし、シアトリカル・ロックとかとは一緒にしないでね。アバンギャルドなのですから。

終わったあと、観客層立ち。みんなオバサンが多かったけど青春の曲なんですよね。

きっと。

しかし、オバサン。いくら混んでいるからって、男子トイレ入る事ないじゃない。

俺、使えなくて困ったよ。。。もう少し早く、会場来ようね。1時間も前から開いてるんだからさ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影らしい。。。

家の近くで、壁にへばりついている人がいた。

女の子らしく、きゃーきゃーいってた。

TVカメラがいるので何しているのかと思ったら撮影(笑)

家の近くの環七です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビックフィッシュ

これも買ったけど観ていなかったので、今日観た。

父親との心のすれ違いを楽しくユーモアをたっぷり入れて描いた作品。

事実ってなんだろう。

事実ってそんなに大切なのだろうか。

そう、大切なのは、そのコトバの中にある想いだよなぁ。。。と感じました。

ティム・バートンらしいような、らしくないような。。。

予告でかなり想像してしまい、あれ、なんか違う、、、と感じちゃいましたが、

しんみり観ればいいのだと、終わり近くで思った作品だった。

監督の想いはどの辺りにあったのだろう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

太陽を盗んだ男

前に買っていた、映画「太陽を盗んだ男」のDVDを観た。

昔見たことがあったと思っていたが、覚えていたのと結構違っていた。

なんせ、沢田研二がカッコイイ。

このかっこよさを持っている役者なんて、今いないぞ!

松田勇作は、あまりカッコイイと思ったことはないが、

沢田研二は好き!

あまり人気がなくなったときの歌謡番組で歌っていたときの姿も、

男らしかった。「オレにはコレしかない。」という気持ち、そして行くしかない。という

覚悟。そこまでやって、初めて始まりがあった。

そう感じているのです。

沢田研二のコンサート行きたい。そして感動したときの思いを伝えたいっ!!

あ、映画の感想。面白いです。日本でこんな映画が出来るんだ、という思いを

皆に植え付けたな、と思いました。79年の作品だそうです。。。

付録のDVDに、いろんな製作秘話が入っていて、すっごく面白いし参考になった。

観るべしっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

レ・ヴァン・フランセ、ごめんなさい。

すみません。行きましたが、眠ってしまいました。

あんど、寝言まで言ってしまった(笑)

気持ちのいい音が聴きたくて行ったのですが、なんか、凄い曲ばかりで。

というのは言い訳ですかね。弟もかなり来ていたみたい。。。

健康診断で血を抜かれてふらふらで。且つ、いつもの最終電車に間に合わず、遠回りして家に着くのが2時で、その上仕事終わらず、早出。

インフルエンザ(らしい)も直ってなくて。。。

こんななら、行かなきゃ良かったです。

隣の方、スミマセン。。。

サイン会もあったけど貰わずに帰りました。

曲は本当に厳しい曲で。。。あれ、フランスの流行なのかなぁ。。。

もう、僕は良いです。ごめんなさい。。。クラッシックは好きな曲を聴きに行こう。

そうしないと悲しい事ばかりになりそうだもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

まちがった。。。

花粉症。。。金曜日の夜から大騒ぎ。

土曜日に鼻用の薬かって。

日曜日にはバファリンものんで。。。。

月曜日にはアレルギー性の飲み薬も飲んで。。。。

としましたが、どうも違うみたい。。。

会社で、熱がめちゃくちゃあって。。。寒気が止まらず、、、節々が痛くだるくて何もしたくない。

と言ったらインフルエンザじゃないか?ということに。

でも、会社に人がいないので帰れない。。。

なぜいないか???  みんなインフルエンザで休んでいるからです(笑)

今、のど少し痛いけど、もう大丈夫そう。。。   花粉症の薬あんなに買ったのに。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

いちおう。元気です。

京都行ったときの写真を、2日の日に貰いました。

二条城のとこで写したのです。。。

携帯でもらった写真を写したので解りにくいと思いますが、自分でも驚くくらい笑っている。

こんなに笑う事があったのか、と正直自分に驚きました。

この写真をブログのトップに置けば、まさか誰も騙されるとは思うまいっ!!

はははっ  正直嬉しかった。。。

今は花粉症が酷くて、明日の仕事も正直不安。。。

ライブには本当によく行けたなぁ。。。オトコだなぁ。。。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロストプロフェッツ、2連荘!

正直、花粉症が始まってしまい、寝込んでいます。。。

しかし、行かねば。。。チケット代もったいないし、後悔するし。。。

で、行きました。

僕のことを心配してくれたのか19時10分には終わりです(笑)

アンコールもありません。実質1時間ちょい。

しかし、内容は濃かったなぁ。。。変に長くなるよりはこんなカンジで良いんだよね!

観て驚いたのは、キーボードがっ!!!!

ずっと踊ってる!! 2段蹴りしている。。。  1番テンション高かったように見える(笑)

演奏曲は、UDOのページに!

http://www.udo.co.jp/  3日も4日も同じだと思う。

ちなみにマイクを落としたのは3日の時だけ。。。4日は、それほどハイではなかったです。

しっかし、盛り上がる!!  乗りやすいものね!!!

握手会も3日だけ行きましたよ。1時間くらい掛かりましたけど。カッコイイっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

ANGRA &BlindGuardian のライブ!

行って来ました!更新遅くなりましたが、いちおう。。。

前から2列目ですよ。

アングラもブラインドガーディアンも初めてで。

そんなに曲も知らない4人で行きました。

しかし、曲を知っている、知っていないに関係なく楽しかったです!

アングラはギターとベースが凄いですね。あんなに弾きまくっているとはっ!!

特にベース!  6弦を、全部の指使って弾いている。

ああしないと出ない音だと思うけど、驚いた。

アルバムの重要なイントロ部分など、ベースだったのか! と、驚いてしまった。

ボーカルは「がーっ!」とかやってたけど(?)、意味不明で楽しいっ!!

次のブラインドガーディアンは、なんせドラムが凄いっ!!

あの叩き方はなに?って言うくらい、全てのものを全て活用する。

もったいない、と言うコトバが出ない叩き方!

会場は、やはりブラインドガーディアン目的の人が多いのかもしれないけど、

Tシャツ着替えている人多かった(笑)

盛り上がりでは、やはり後者!  一緒に歌う歌う(笑)

ケルト音楽の美しいところ、ブラインドガーディアンは持ってきますからね。

しかし、ブラインドガーディアンは、正直ジャーマンプログレだと思うんだけど。。。違う?

なお、グッツ売り場混んでて買えず。。。

帰りは4人で、魚の変わったのが食べられるお店に!

美味かった!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うわぁぁぁ!

バレエ、行けなかった。。。

仕事、定時までにばっちし終えたのに、クレームを関連部署が貰って、

こっちが尻拭い。

担当は後輩だったけど、そのまま放っておく訳にもいかず、、、。

担当部署の部長さんと電話でバトル。

クレームなのに、まったくお客さんに申し訳ないって気持ちがないから、ブチ切れ!

こっちで纏めますから、終わるまで帰らないでください!っと言って電話切った。

21時になって「まだですか!」ってTELあったけど、まだです。

と言ったら、自分たちでやるといきなり言い出した。やらせても頼りに出来んから、

出来ないって言ったからこっちでやってるんですよ!

出来るんですか?

って、また部長とバトル!

結局、自分もいつもの終電間に合わず、葛西臨海公園から歩いて帰った。

与えられた事、そのままやってお金がもらえるのを仕事とは言わないんだよなぁ。

プラスアルファ、を生み出すミラクルがなければ、なにやっても楽しくない。

仕事が楽しいのではなく、友達といるのが楽しいのかなぁ。。。

ちくしょう。  まっとうな説教されたい。

しかし、イリーナ・ペレンに会いたかった。。。(泣っ)

明日は、年休だけど、仕事行きます。終わんなかったから。。。そのあとANGRA!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

蒼井優さんは、映画を観る条件の1つです。

どんな役でも終わった時は放心状態でグッタリです。

空っぽになるけれど、それぐらい役のことを強く思えるのが幸せ。

映画俳優は、個条書きにしたらマイナスの数の方が多いかもしれない。

でも、プラスの感情を持ってマイナスを見れば、後で笑い話。

結局全部プラスになると思う

蒼井優さんが、言った言葉らしい。。。

ちと感動。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »