« JAZZは今燃えている。 | トップページ | »

2005年10月 1日 (土)

ユトリロ、そして城之内ミサさん

今日はユトリロの絵を見に行きました。
愛を乞いる、という事は寂しくつらいこと。その思いを持った画家は
どんな人生を歩んだのだろう。その興味が多かったです。
感想。あまりにも酷い。画家の声が聞こえてこない。
母親の声も分からない。
周りの人たちの声も聞こえない。
自分が壊れてしまうかと思うくらい、今日の絵はつらかった。
最初の「白の時代」は、想いが聴こえてきそうだった。その後はもう見たくないの一言だった。
作者年表には、母親の生まれる前から書かれています。
それほど、ユトリロは家庭、家族に影響を受けた人のようです。

メタメタに心痛めつけられて、帰りに乗ったエレベータは1階どまり。
仕方なく1階から外に出て帰ろうとしたらピアノが聴こえてきます。
なんと、城之内ミサさんが演奏していました。
城之内さんは、以前から名前は知っていました。
最初は演歌(おにゃんこ)の城之内早苗さんかと思っていましたけど。(笑)

そこで聴いた音楽に癒されました。いや、救われました。
ありがとう。
サインも貰っちゃった(喜!)

|

« JAZZは今燃えている。 | トップページ | »

コメント

わあーいいな~。
いつもコンサートに行くくらいミサさんのファンなので聴きたかったー。

投稿: わんこ | 2005年10月23日 (日) 20時56分

わんこさんへ。どもです。
あの時は即興で1曲作って弾いてくれました。
あと、話しも面白かったです。
やさしい感じで、最初は城之内さんだと思わず、テレビのアナウンサーかと思っていました。
応援したい人ですよね。

投稿: たる。 | 2005年10月23日 (日) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユトリロ、そして城之内ミサさん:

» CD: 癒V HEALING COLLECTION V [[K]こあら日記]
癒V HEALING COLLECTION V疲れたときや凹んだときにおススメのCDです!(最近、ちと凹み気味・・・)また、2年前くらいに「女子十二楽坊」が流行したときに、中国民族楽器の神秘的な音色に興味を持ったかたも多いでしょう。そんな方にもおススメです! おいらは、メロコアや...... [続きを読む]

受信: 2005年10月27日 (木) 13時09分

« JAZZは今燃えている。 | トップページ | »