2018年2月 1日 (木)

2018/01/19_21_ハルビンに行きました(6)ハルビン帰り

さて3日目、朝から帰りです。

朝の空港行きのバスに乗るため移動します。

Dsc07668
うっすらと雪というか、霜が積もってます。
黄色い服を着た人たちは、この凍り掛けた霜を掃除していました。
だから、残ってなかったんですね。。。

朝のバス乗り場は、行きのロータリー近くにあります。

Dsc07669

向こう側に光大証券のビルが見えます。

ただ、ここ、始発ではないので混んでいると乗れない可能性があります。

朝の時間は6:25、7:00、7:30、8:03、8:35、9:05 と走っています。
(大体遅れて到着するみたいです)

 
このときも6時40分くらいにバス停について。
その後10分ほどで来ましたからね。
 
そして、待っている間にタクシーの運転手が
「バスは来ない。全員で乗って一人10元だ!」
などと言ってきます。
 
が、指さす方に振り向くと、タクシーは普通の乗用車。
そこに5人乗せようという。。。また無理をいう。。。
 
ということで「ノー!」「ぷーよう!」って断りました。
 
このとき、ちょうど後から並んだ方が日本人で、これらのやり取りの中仲良くなりました♪
 
弟に言わせると、旅行の興味とか、兄と似ているとのこと。
確かにそんな気がする(笑)
 
さて、バスに乗り込んで。
奥の方が空いてたので座りました。

席は結構埋まってましたが2人掛けに一人ずつ乗っちゃっている感じです。
 
これ、降りやすいから、とか隣に座られたくない、とかも有りそうですが、
それよりも「窓側は寒い」からかもしれません。
 
窓凍っているし。
 
バスは20元ですが、高速に入る手前で、係の女性が料金を取りに来ます。
(全員分)
時々乗客の中国の人が運転手のところまでお金持っていくこともありますが、
事前に両替しているみたいです。

そして空港に到着。
 
国内線のところで下ろされました。
まだ時間があるので、3人で朝食を食べることに。
 
国内線側はお店が結構あるのですが、自分としては、東北料理が食べたい!
ということで、ビュッフェになっているところがあると聞いていたので
そこにするつもりでした。
 
が、東北料理と書かれていた2階のお店は、なんだか普通のファミレスみたいな
お店でした。

「自分の想定していたお店とちがう。。。」
 
でも仕方ないのでここで食べました。
 
出されたメニュー。。。もうファミレスの朝食セット。

Dsc07673

ここで、自分はついつい東方餃子王の記憶があるから、水餃子を頼んでしまいました。
 

Dsc07676

値段の割には貧相な。。。むむむ。


ただ、弟の注文したのをみたら、、、食べたかったハルビン・ソーセージらしきものが。
 

Dsc07675

 
うぁぁぁ、失敗したー!
 
ハルビンソーセージ!食べたかったのにー!
 
食事の間、話はかなり盛り上がり、良い感じです。
で、時間も無くなってきたので国際便に移動します。
 

Dsc07677

 20分も待てば来るという。
 
シャトルバス。。。でもなかなか来ない。
 
そして寒い。。。空港、マジ寒いです。
これでシャトルバス来なかったらチェックイン間に合わないかも。。。
 
などと心配していたらちゃんと来てくれました。
 
国際便側に到着し、さぁチェックインをしよう!と建屋にはいったら、人がいっぱい。
そして奥には紐が張られ、立ち入り禁止状態です。
 
どうも空港が狭いからか、前の2便の受付を優先させているみたいです。
 
この状況、思い出しました。
到着して両替しにこちらに来たとき、変に混み合っていて何があったのかと
思っていましたが。
 
単純です。チェックインを止められていたんですね。。。
 
こんな空港初めてです。。。
 
時間結構過ぎた後、やっと中に通してくれました。
チケット発行はすぐにやってくれました。
 
階段上がって2階にあがると出国審査、チケット確認、荷物チェックと
ちょっと時間かけて見られますが、これも人数少ないのですぐに入れます。
 

Dsc07682

2階の通路を抜けたところにも免税店がいくつかあってタバコとかも買えます。
さらに下がバス乗り場で集合場所になっているので、
こちらに降りていくと、さらに免税店、そして飲み物や食べ物が買えるお店がありました。
 
食事が出来るお店は無いです。
 
タバコやお酒は結構そろっています。
ただお土産用のお菓子などは「中央大街」に、お土産屋が結構あるので
そこで買うことをお勧めします。

スーパーだと、四川のお菓子とか東北のお菓子ではないのになってしまうので、
注意です。(美味しいんですけどね)

今回買ったのは、こんな感じです。
 

Dsc07696

これ、一個一個個装されていてお土産に最適です。
 
中はピーナッツの雷おこしみたいなのです。
中国・台湾ではよくありますね。
海老の絵が描かれていますが関係ないです。
 
ただ、面白いのは東北のお菓子だけ、オブラートに包まれています。
 
もうひとつ。これも同じようなお菓子です。

Dsc07697

これもオブラートで包まれた感じ。
 
美味しいです。
 
弟は会社にこれを買っていったら、会社のひとの奥さんが
「前の職場に中国の人がいて、故郷に返るたびにこれ買ってきてくれた」
とのこと。
 
定番はコレかもしれませんね。
 
あと、個人的においしかった、多分東北のお菓子ではないもの。

Dsc07698

またピーナッツですが、山椒がはいっているピーナッツで、
美味しい麻婆豆腐みたいな味です。
 
絵柄も、ちとお土産にしたくなる感じです。

そして予定より少し遅れて日本に到着。
 
3人で一緒に写真を撮りました♪
 
(一旦はココには上げず。写真、どうやって渡せばいいのか。。。)
 
また会う約束をして別れました。
 
そして帰りに利用したバス、、、ですが、
夕方の千葉から東京への道は。。。混むんです。
 
失敗。。。かなり遅い到着になりました。
 
一番疲れた気がする。
 
ということで今回の旅行は終了です。
次回、またハルビンに行くときは、暖かい時期にビール祭りに参加したいです♪
 

| | コメント (4)

2018/01/19_21_ハルビンに行きました(5)ハルビン散策(その2)

午後からの散策です。

今度はいよいよ河の上を渡りに行きます!

確か渡れるはず。
氷祭りに行くには太陽島に行く必要があるはずで。
その方法は基本バスなんですけど、ロープウェイと鉄橋と、もうひとつ河を歩く、が
あるみたいなんです。

たしかにワカサギ釣りで氷の上に乗っかったことはありますけど。

凍った河を渡るなんてなかなかないから、楽しみにしていました。

でも、まずはアイス(笑)

Dsc06855

ココのが有名みたいですね。

Dsc06837

味が濃くて美味しかったです。
冬はゆっくり食べても溶けないし。
そのうえもうすでに寒いから、ここでアイス食べても寒さ変わらず、
なのでアリかもです。

Dsc06873

通りの脇には氷でできた滑り台も。

そうして、また通りの一番奥まで到着。

Dsc06944

このさらに奥に川沿いの公園がひろがり、奥には大きな川があります。

Dsc06965

人がいっぱい並んでます。

その奥に、、、

Dsc06978

この風景♪

氷の上でみんな遊んでいます。
そして、まっすぐいくと太陽島につきそうです。

こおり、薄かったらやばいか、と思ってましたが、
自動車とか沢山氷の上走っているので大丈夫でした。

Dsc06986

遠くに渡ろうと思っていた鉄橋。

、、あんな遠かったのか。。。行かないで良かった。。。

ずっと歩いていくと、、、河の上、風が半端なく吹いてきます。
そしてその風の冷たさがさらに半端ない。

「い、いたい。。。」 寒いのではなく、痛いです。。。

マジ耐えられません。。。

なんとか10分ほど歩くと、反対岸に到着しました。

Dsc07020

岸に上がると待っていたのはコレ。

Dsc07141

犬ぞり(笑)

結構大きな犬でした。

そして散策しようとしましたが、寒いし。。。
ということで、氷祭りも行くの止めて帰ることにしました。

ただ、奥の方に大きな「お城」みたいなのがあって、
ちと気になりました。
「中国にもラブホがあるのか???」

もうそんな感じ。

でも寒さ、、、きっついんだもん。。。ラブホだったとして、それ観に行ってもなぁ。。。

ということで再度川を渡ります。

帰りは風の向きが背中からあたるのでそれほど厳しくなかったです。

Dsc07235

氷の一部は磨き上げられていて、スケートリンクになってました。
写真の奥に見えるのはロープウェイです。

そして歩いていたら、なんと、さっきのラブホらしき建物!
こちらにもありました。

Dsc07276

ね! ラブホっすよね。。。

でもこれの正体は、「ロープウェイ乗り場」でした(笑)

向こう岸にもあるわけですね。

正体解ってスッキリしました。

なお写真観ても解るように、日が暮れてきています。
寒さはさら半端ないです。

弟、、、完全に『しもやけエスキモー』状態です。

Dsc07264

あんなにフード被るの嫌がっていたのに。耳宛も手袋も。。。
それでも寒さ凌げないほど、厳しかったです。。。

という事で寒さ回避のため、食事に行きます。

昨日探していた「カチューシャ」ですが。。。
住所などで再度辿ってみましたが、どうもこの青いイタリアンレストランに
変わってしまったようです。

Dsc07322

新装開店!ってやってたので、本当に最近なんですね、店閉めたの。

ということで、有名なもう一つのロシア料理『華梅レストラン』へ行きます。

ここ、一番のオススメは鮭のムニエルみたいです。
ただ、隣の人が頼んでいたの見たんですが、数人で食べないと無理な大きさでした。

七面鳥の丸焼きが乗るようなお皿で出てきてたので、きっとムリです。
(高いし)

でも、ホワイトソースとかの中に鮭が埋まっていて、美味しそうでした。

で、自分たちは、注文しようとしたら従業員がいません。。。
???とよく見たら、大きな丸テーブルでみんなで食事してました(笑)
休憩時間だったみたいです。

でも、そういうもんなのか。。。

ということで、意気消沈。。。
それっぽいもの注文して食べました。
そんな雰囲気だからか、味も普通でした。残念。建物も立派で値段も高いのに。
ただ、鮭のムニエルは食べてみたかった。。。

パンが有名らしく、外の売店でも結構売れているんですが、
個人的には、これも普通でした。

Dsc07346

Dsc07412

Dsc07429

Dsc07390

Dsc07383

う~ん、、、なんだか弟は前日のお店に行きたいみたいです。。。

ということで弟に「また、夜になったら昨日のお店に行こうか」

弟、すっごく元気になりました♪ よかった♪

一旦ホテルに戻り、一眠り。
その後再度食事に向かいます。

今度は何を頼むのか、ある程度メモして行きました。

お店に入ると、ウェイトレスの一人が、「あ、昨日の!」という反応で
迎えてくれました。
こういうのが嬉しいですね♪

ハルビンビール、昨日頼んだ時に蓋が欲しい、とおねだりして、
向こうが笑いながらくれたんですけど。
それも覚えていたらしく、「これもいる?」って言って渡してくれました。

さて、今回食べたのはこんな感じです。

土豆泥(マッシュポテト)

Dsc07659

黒マッシュルームのスープ

Dsc07656

串焼き

Dsc07663

面包(パン)

Dsc07654

Dsc07655

こんな感じです。

なかなか量が多いのでお腹いっぱいです。

これで食事は終了。

ほんとうは東北料理が食べたかったんですが、
次回、暖かいときに来て食べようと思いました。。。
寒すぎで散策無理なので。(笑)

そしていよいよ、翌日、朝からの帰りです(つづく)

| | コメント (2)

2018年1月30日 (火)

2018/01/19_21_ハルビンに行きました(4)ハルビン散策(その1)

さて翌日(2日目)
 
朝から731部隊のところに行く予定でしたが、中止にしました。
また、夏のビアガーデン祭り時期に来ればいいか、という事にしました。
 
朝はゆっくり起きて9時くらいから散策です。

まずは朝ごはんから。
お店を探しているときに、歩いてくる人がみな、アイス食べてました。
この寒いなかでもアイス???
 
でも、ロシアの人はアイス食べるんですよね。
ロシアはアイス有名なので、このハルビンもアイスが有名です。
 
で、ココで買ったな、という店があったので買ってみました。
 
中にレーズンが入っていてバナナのような味。
美味しかったです。(ただ、有名なお店ではない事が後で判明します)

Dsc06430

Dsc06447

袋に入っているのを一個一個破っては、冷蔵庫の中に立てて入れていきます。
これ一日で売れちゃうんでしょうね。。。すごい。

そして、こんどこそ朝食!

ハルビンには、点心の有名なチェーン店があるということで、
一応食べてきました。

「東方餃子王」です。
これ、教会の近くにもあってそこは8時くらいからやっているみたい。
場所によって時間が違うみたいで、ここ「中央大街」のお店は
10時くらいからみたいです。

Dsc06456

ここで頼んだのは、早く出るだろうタケノコの冷菜、
あとは定番の水餃子を3つくらい頼みました。

タケノコの冷菜は美味しいです!

Dsc06463

そして水餃子。

Dsc06509

もうお腹いっぱいです。

感想ですが、ふつうの水餃子です。
水餃子も美味しいですが、個人的には西安の方のお店の方が好きですね。

上海のお店のよりも劣る気も。また台湾のお店の、、、よりも劣る気が。。。

まぁ、チェーン店だからそんなものかと(笑)

お店の方の対応は親切で良かったです。
一度は行っていろんなメニュー開拓して貰えたら良いかと思います。

そして散策再開です。

Dsc06786

こおりの素材。

Dsc06801

そして、出来上がり。

中に電気を通すので危険マークついてます(笑)

おそろしい。。。

そして、ハルビン駅へ向かいます。

Dsc06579

中央大街の入口。

そこから、ロータリーの松を右に見ながら駅のほうに向かいます。

Dsc06615

この写真の左の方ですね。

進んでいくと、、、行き止まり。(工事中)

Dsc06645

どうも右側ほうに見える陸橋を登って、さらに左へ曲がって行くしかないみたいです。。。

人が歩けるのかなぁ、、、と不安でしたが、行ってみました。
坂を上って交差点を左に。

食品を売ってるお店とか、いくつかあって、点心のお店もありました。
その先を進んでいくと、見えました!!!

Dsc06708

駅舎らしいのが、教会の裏に見えます。

Dsc06738

ハルビン駅です。

北側の建物だからでしょうか、雪が残っていて凍ってます。

そして、寒いです!

この寒さ、辛いのでトイレに行こうと地下駐車場におりましたが、
詰まったみたいで、入れませんでした。

ほかは改札入らないと利用できないみたいで。。。不便です。

大きい建物に見えますが全然狭かったです。

そして、帰り道。同じ道で帰ろうか、という話もしたんですが、結構大変だったので、
他の人たちが進む道を歩くことにしました。
陸橋のところよりももっと下の道に降りてみました。

そしたら、「教会まで600m」と書かれた看板が見えました。

Dsc06755

道をまっすぐ行って途中工事しているので手前で右に曲がると、
そこは「兆麟街」の道でした!

15分も歩いたらホテルに帰れました。

途中に「東方餃子王」のお店もあるし。。。失敗。

一旦ホテルでトイレ入って、休憩。

その後再度観光に向かいます。

(つづく)

| | コメント (2)

2018/01/19_21_ハルビンに行きました(3)1日目の食事

さて、宿に到着したのでまずは食事です。

本当は1日目で氷祭りに行く予定でした。

ただ、遅くなってしまったのと寒さで、、、どんどん挫けていきます。(笑)

まずは「兆麟公園」へ。

氷祭りの本会場は川を渡った先にありますが、別会場としても
ここで行なわれているとのこと。
一旦場所とか確認に行きました。
「兆麟街」の通りを教会から離れる様に歩いていくと着きます。

と、今更気が付いたのですが、この「兆麟公園」。

通りの「兆麟街」の名前でしたね。。。

なんで気が付かなかったんだろう。。。

外からの写真。

Dsc06270

あー、なんか光っているけど、公園ちっちゃいなぁ。。。

無料かな、これくらいだったら。

食事の後で来ようぜ。

などと話をして、「中央大街」の先にある食事の場所へ向かいます。
 
お店は「地球の歩き方」にも書いてあった「カチューシャ」です。
 
まずは散策。
 

Dsc06272

通りは洋風の建物がいっぱいです。

洋風の建物がいっぱいの中国、というと上海ですね。
あそこはイギリス・フランス・アメリカの租界地でしたので洋風の建築物が
沢山建っています。

ハルビンもロシアの租界地というか、、、植民地みたいだったんですね。

あの時代は、イギリス(香港・上海)、ドイツ(青島)、といろんな理由で
土地を取られていました。
そして日本は、朝鮮半島を支配していましたが中国に対してはロシアと仲良くするな!
と圧力をかけていたようです。

日本にとってはロシアが一番怖かったですからね。

なのに中国は、日本が嫌でロシアと手を結んでしまった。
結果、ロシアは鉄道の権利を得て、迂回していた「シベリア鉄道」
途中から直接ウラジオストクに繋げる線路を作ります。
そして租借地であった旅順・大連に向かう線路を作るのですが、
その乗り継ぎ駅となったのが、「ハルビン」です。

Map

ということで、ハルビンはロシア人がいっぱいの中国となったわけです。
ロシアによる植民地化ですね。

ここは上海と同様に、街中にはいろいろロシアを感じるものが
いっぱいあるわけです。

Dsc06273

ほら、これも!(ロシアは感じませんね。(笑))

Dsc06280

こんなのも!(ロシアは感じませんね)

もう少しロシアっぽいモノ、写真撮ったと思ってたのに。。。

地下道への入口。

Dsc06274

街中!

Dsc07465

Dsc07652

う~ん、、、なんだかあまりいい写真が無い。。。

まぁ、とりあえず、こんな感じで歩き廻ったということです。

そして地下道を抜けて、通りの一番奥へ到着。

Dsc06283

このあたりに「カチューシャ」という店があるはず!

Dsc06278

この右側に見えるホテルの1階あたりに!!!

と探しましたが見つかりません。
実は翌日も探したのですが、どうもイタリア料理店になってしまったようです。。。

この日は、見つからないので諦めてもう一店舗、決めていたお店に向かいました。

ここです!「TATOC」

Dsc06306

ここはガイドにも載っていないのですが、ネットで探し回って見つけました。
ほかにもこの通りにはロシア料理の店があるのですが、
一回ここに入ってみたいと思ってました。

地下に入ると、お店の方がすぐに席へ案内してくれました。
なかなか広いお店で、従業員は中国の方ですが、女の子は皆綺麗な子ばかり。
男の子はアイドルみたいな子が揃っていました。
服装もロシアのメイドさん風で、萌え~♪という感じですよ。

そしてここの店員さん、対応がすこぶる良い!

良いお店でした♪

でも、味ですよね~大切なのは♪

注文したのはコレ。

Dsc06291

こんな感じです。

 ・ 串焼香橙猪梅肉

Dsc06300
 
串焼肉です。美味しかったですが、想像を超えることは無かったです。
まぁ、焼いただけですものね。。。

 ・ 塔道斯特制海鮮炒拉

Dsc06296

これ、わさび醤油のドレッシングが掛かっているのか、
めちゃくちゃ美味しかったです。
サラダなので冷たいのですが、これだけはもう一回食べたい!

 ・ 鳥克三紅菜湯(ボルシチ)

Dsc06292

普通のボルシチでした。美味しかったです。
ひとり一杯食べる量なので(小さい)、2個頼みました。

 ・ 蒜茸面包(ガーリックパン)

Dsc06299

パンも美味しい~♪ ガーリック風味でこれだけでも十分♪

 

 ・ ビール1900

Dsc06294

で、やっぱりハルビンビール!
 
ハルビンは夏はビアガーデンだらけになるビール王国だそうで。
この地域のビールは欠かせない、ということで飲みました。
メニューには、ロシアのビールも揃ってましたけど、
このビールも美味しいんです。ただ、青島に方向性は近いです。
 
いちおう、中国最古のビールということで名が通っています。

ということで、料理はハズレ無し、全体的に美味しく頂けました!
満腹です。そして、オススメです。

 

このあと、さっそく氷祭りの小さい会場へ行きます。

出入り口らしいところから入ろうとしたら、「ヤァヤァ!」
と警備の人にとめられます。

あ、出口か。

ということで入口に行くと。

Dsc06309
 
なんだか、チケットがいるみたいに書いてあります。
 
表側みると。
 

Dsc06310

昼間は50元。
夜は150元、と書かれています。

ひ、ひゃくごじゅう元???

1元18円くらいです。
ひとり、2700円ということです。

た、高すぎる。。。

む、むり、、、気持ち的に無理。。。

だって、見える氷のオブジェは、、、なんだか『レゴランドのこおり版』という感じ。

光らせているだけで、なんとも。。。

どおりで公園のなか、閑散としているわけだ。。。

ということで、外から撮った写真。

Dsc06318

ね。人少ないでしょ。。。

Dsc06319

これは建物の外にあったオブジェ。
入口を飾っているのかなぁ。

Dsc06320

中に入れます。

Dsc06323

離れて真正面から見るとこんな感じ。

遠くから見た方が綺麗かも。。。

う~ん、、、本会場も同じレベルかなぁ。。。

ある意味、こちらもお腹いっぱいです。

そして、外、かなり寒く頭痛がして、ホテルに戻ってから、
「もう出歩くのちょっとやめよう」、という話にしました。

ホテル探しでウロウロしている間になんだか痛みがして。
なので翌日の予定を変えました。

実は朝からバスに乗って731部隊の史跡を観に行こうと思ってました。
でもこれでまたウロウロすることになったら、、、と考えて。
冬のハルビン街の散策だけにしました。

(翌朝へつづく)

| | コメント (0)

2018年1月29日 (月)

2018/01/19_21_ハルビンに行きました(2)迷ったホテルまで

さて、いよいよホテルへ向かいます。

まずはロータリーに出入り口がある「中央大街」へ。

なんだか、ロシア(と言ってもウラジオストクしか知りませんが)っぽいです。

コチラの方が古い建物が多い気がします。

Dsc06209

入口。

Dsc06211

横にあったなんか説明っぽいの(よくわからず)

そのまま通りをまっすぐ進むとあちこちに氷のオブジェが。

Dsc06212

これは雪像でしょうか。

という感じに最初は観光していました。

だってすぐにつくと思ってたんですよ。。。ホテル。

今回の予約したホテルは「ホテル イビス」です。
評判がそこそこよく、観光にも便利、とあったのでここにしました。
予約ページはコチラ

写真から見てもでっかいですよね。絶対見つけられる、と思うじゃないですか。

ホテルの地図ですが、Hotels.comからGoogleMAPみるとこんな感じです。

Map1_2

左の○印が「中央大街」の入口で、中央大街をまっすぐ進んで、
左にちょい、と曲がると着く様に書かれています。

でも、実際には右の○印「聖ソフィア大聖堂」の斜め向かいにあります。
なので「中央大街」から、ホテルの写真のイメージを探しても見つからないんです。

ほかの予約サイトの同じGoogleMapはこんな感じ。

Map2_2

「わ、わかるかー!」

なのに情報がHotels.comの予約ページだけしか持ってこなかったので、
あの写真に映っている他の建物を参考に探し回りました。

結果、、、見つからず。

北京で迷った時のコト思い出しました。
(もう、他のホテル行くしかないか。。。)

ということで、迷ったときは住所で探します。

住所には 「兆麟街 92 号」 とあります。。。が、この兆麟街がどこなのか。。。

中国もちゃんとビルに住所が書かれています。
なので、地図さえあればたどり着ける、と考えました。。。が地図がない。。。

町中歩きながら、地図を探しますが、どこにもないです。
あと周りのビルも参考にしていますので、「あれじゃね?」といった
思い込みも連発(というか乱発)します。

これ、、、もう疲れてくるし、予定もすすまねぇし。。。なにより日が暮れてきて
寒いんですけど。。。

ということで気分を変えるべく、「先に観光しちゃおう」

と、「聖ソフィア大聖堂」へ行きました。

ここ、ホテルから近い、という情報もあったんですね。

Dsc06229

遠くからでも結構目立って見えました。

なのですぐたどり着けました。

この近くにホテルがある!

ここでならば地図もあるかも!

弟にチケットを買ってもらっているとき、売り場の近くで見つけました!

Dsc06231_1

あったー! 地図だー!
よし、あとで見よう!

そうここでは特に見なかったんです。
なぜか、、、老眼で良く見えないからです(笑)

疲れていて。。。(言い訳)

まずはチケット買ったので観光です。

Dsc06232
 
教会の入口の座布団ドアを抜けてはいるとこんな感じでした。

Dsc06233

おおおっ幻想的な!

(???なんだか写真が変)

みたらレンズが曇ってました。

まじかー!服のソデとかで取りあえず拭くもこんな感じ。

Dsc06234

また幻想的な。。。

これ水分が多くて拭ききれてないんですよね。。。

ホコリが多く着きそうでしたが、ティッシュでぬぐいました。

Dsc06243

ちゃんと写りました(笑)

教会は狭いので中央の広間以外にはちょっとだけ奥があるだけで、
すぐに見学が終わります。

中央は当時の教会の様子が置かれています。

Dsc06244
 
まっすぐ奥には、ダビンチの最後の晩餐が。。。意味は不明。

Dsc06251

そして外に出てホテル探しです。

一旦、教会の裏から写真。

Dsc06256

もう日が暮れている感じの良い写真になりましたかね。

また道路の標識で「兆麟街」を探しますが、見つかりません。。。

さっき写真で撮った地図、みようか、という話にここでなりました。

Dsc06231

「兆麟街 」という通りもあったー! っていうか教会のまえじゃんか!

ということで教会の近くにホテルがあることが解りました。
そしてホテルの予約の紙にあった地図が正しくない事もここで。。。

ただこの時も、「中央大街」がカメラの液晶で観ていたので
確認できず、教会のどちらの前か、さっぱりわかりませんでした。

でもぜったいこの辺だよ。

といいながら一つ一つ通りを確認し、4つめでやっと通りが確認できました。
あとは住所!

で、日本だと一つの区画が同じ住所なんですが、
中国だと通りに面したところが同じ住所(番号だけ違う)になるんですね。

それを理解して、数の増えていく方に向かってやっと見つかりました。
MYKAL のビルにありました。(日本のMYCALではありません)

入口も教会側の通り「兆麟街 」にありました。

Dsc06259

ホテルの受付でチェックイン。
 
受付のかたにはあまり笑顔が無く、最近には珍しい感じです。
(寒いからなのか、入国審査の時と同じ印象)
 
ただ、ベットメイクなどする係の人たちは、すっごい笑顔で挨拶してきます。
そこで好印象になります。
ここのホテルは比較的安く、二人食事なしで14,860円でした。
 
ちなみに、部屋にはテレビはありますが、冷蔵庫がありませんでした。

カードを受け取り、部屋に入ります。

Dsc06260

おおっ!なかなか綺麗で幻想的!

。。。また、レンズ曇ってました。。。

(つづく)

 

| | コメント (0)

2018年1月28日 (日)

2018/01/19_21_ハルビンに行きました(1)中央大街まで

中国の東北地方、と言われる哈爾浜(ハルビン)に行ってきました。

今回の旅の目的は、「満州国のあった地域」
そして「残留孤児の沢山うまれてしまった地域」で極寒の寒さを体験する。
 
そして、「ハルビン氷祭り」をみてこよう、というものですが、
弟は、ロシア料理大好きなので、中華・東北料理も楽しみに行ってきました♪

そうそう。東北料理。
 
家の近所の中華が東北料理なのでは、という疑問もあり、その確認もしようかと。
また最近、中華、東北のキーワードをよく目にするようになりました。
(横浜にもお店有り)
そして、先日のタモリ倶楽部でもハルビンの料理、やってました。(空耳のあと)
美味しそうでしたよね~♪

あと、今回は、ハルビン直行便でちゃんとスタンプ貰おう!ということで、
秋春航空を選びました。
(北京経由とかだともっと安く便利だったりするのですが)
 
元々は、名古屋発の便があったはずで、それに乗ろうと計画していたんですが、
無くなっちゃったみたいで。。。
(そっちだと土曜出発~月曜戻りがあったはず。)

なので無理無理、弟に1日有給取らせて行ってきました。(金曜~日曜)

なお、チケットは一人、往復18,839円(座席指定、税込)2017/10月購入です。

朝方の成田行きバスで成田空港に到着。
そのころにはチェックインの長い列が出来ていました。(受け付け開始前でしたが)
中国の人たちは荷物が多いのでチェックインに時間が掛かります。
注意が必要です。
 
チェックイン後、食事を取り、入国審査をして搭乗口(バス乗り場)に待ちます。

なお、出発時の服装は、北海道出身の叔母に相談し、十分暖かい恰好で行きました。
理由は、「マイナス20℃」という気温を聞いていたのですが、
いまいち寒さが解らず。
叔母にきいたら「寒さの質が違う」とのこと。

作業用長靴、ヒートテック、防寒ズボン、ネックウォーマー、耳宛、作業用手袋
という感じで着込んだうえで空港にも来ています。
(格安チケットで手荷物を増やせないため)
この装備、日本ではもうアツアツです。

本当はスキーウェアーにしようと思ったんですが、高くて断念。

で、作業用が一番だよね!と気が付いてヒートテック、コート以外は業務用です。
 
飛行機は10時くらいに出発し、13時30分(現地12時30分)到着です。
 
到着時の機内から。雪は薄くしかありません。
空港だから、かと思いましたが、実際空港の外もあまり雪がないです。
あれ?って感じです。

Dsc06166

ただ、飛行機から降りるときに写真の様にバスに乗るのですが、
このときからかなり寒かったです。(空港自体が寒いみたい)
 
入国審査ですが、建物自体かなり狭く、飛行機も4便くらいしか来ないみたいで。
ちょっと待ったらすぐに入国できました。
ただ、スタッフの対応はなんだか酷かった。。。
女性なのに鼻ほじった手でそのままパスポート受け取り、スタンプ押して。。。
 
(マンガみたいですよ。。。勘弁してほしい。)
 
入国しすぐに外に出てみました。
ハルビン国際空港は以前は国内線の空港と同じところだったみたいですが、
最近、別のエリアに作られたそうで。
なので、タクシー利用や迎えなどが無い限り、一旦国内線の空港に移動してから
バスなりで移動することになります。
 
いちおうシャトルバスの乗り場を示す看板がありました。
といっても乗り込むときは順番あまり関係ないので、並ばずこの周りでウロウロ
しているのですが。

Dsc06167

と、その前に両替です。

両替ですが、入国カウンター近くにもありますが、無人です。

実際には出国カウンター側にもあり、そちらは営業しています。
中国人が多いので、出発前の両替だけが必要なのは
合点がいきます。
 
出国カウンターは上の写真のシャトル便看板の右側にあります。
(ただ、フロアが繋がってないです。いったん外に出て右に向かう感じです)

Dsc06169

入口は綿が入った暖簾が下がっていて寒さ避けされてます。
これ便利です。街中のビルとか、お店は基本これでした。

中に入り両替しました。
上海旅行などで元を使い切っちゃってました。
あと、バスで移動するつもりですが、もしも急きょタクシーに乗ることになったら、
とか、氷祭りのチケット代、食事代などなど考えて、かなり多めに両替です。
ひとり2万。
 
ただ、結果すっごく余っちゃったんですけどね。。。

両替所のまえには出国するための人たちがいっぱいいました。
なんだか狭いうえに、変な人だかりです。
「なんかあったのかなぁ、、、」と思いながら、出国カウンターを帰りのために
事前に散策です。

はい。30秒で終了。(笑)

奥に店らしきものが1つだけありましたが、喫茶店らしいのですが閉まってました。
絶対営業してないんでしょうね。。。

Dsc06174

やることもないので外でまた入国カウンター側の前でバスを待ちます。

下の写真は出国カウンター側のさっきの布団出入り口を出たところから
とったもので、青い屋根のところで待ってました。

Dsc06172

人がいっぱいいるのは、シャトルバス以外にも観光バス、迎えの車など
待っている人たちです。

バスは15分は待たないと来ないです。
それも、1台来たのですが人がいっぱいで乗れませんでした。
  
その間、タクシーの運転手から声掛けられて、バス来ないからタクシー乗るしかない
とかずっと言われましたが、断りました。
時刻表なども無いので不安になりましたが、15分くらいでバスが来ました。(やっぱり)
乗れないと困るので、ちゃんと他の人に負けじと乗り込みました。
 
バスは7分ぐらい乗ってました。
歩いていけるかな、と思いましたがちょっとクネクネと曲がるので、
バスがいいですね(笑)
バスの写真。

Dsc06178

そしてつぎは国内線側から、空港バスにのります。
シャトルバス降りたところから奥の方に空港バスらしきバスの列が見えます。
走って(道路は横切らず)、向かいます。
 
3番線を見つけて乗り込もうとしたら、「ヤァヤァヤァ」言われ、
向こうでチケット買って来い、って。
さっきのシャトルバス降りたところじゃん!

バスを降りて国内線のフロアに入るとバスチケット売り場があるんですね。
3、4号線の窓口で購入。
  

Dsc06184

購入したチケット。

Dsc06187

これを持ってさっきの所に向かうと、もうバスいませんでした。
 

Dsc06181

(上は1号線。奥が2号線)
 
でもすぐにバスが来たのですが、係の人にチケット観て「中央大街?」と聞いてきたので
「YES!」と答えたら、あっちのバスに乗れ、と。
 
すぐに出るバスと後から出るバスとあるのかもしれません。
 
少し小さいバスに乗りました。
 
バスを乗るときに目的地を運転手が確認します。

また、「中央大街?」と聞かれるので頷けば大丈夫でした。
というか、ほかにも沢山降りるので伝わらなくても大丈夫みたいです。

さて、それでも降りるタイミングですが、これが一番心配でした。
降りれないとどこまでいくことになるのか(笑)
 
おそろしいですよね。。。
 
空港から高速にのって半分くらい進んだ後、目印を観てたんですが
立体交差がいくつかあるのですが、最初は坂を上って行く形が数回あります。
ただ、降りる10分ほど前で唯一、下にくぐります。

そろそろ降りるぞ、と思っていれば大丈夫です。

そして、バスの座席右側に乗った場合は、「聖ソフィア大聖堂」の大きな標識が。
バスの座席左側には、「中央大街」の入り口ロータリーにある、「松」(笑)が
目印になります。

まぁ、ここでざわざわ、と皆降りていきます。

看板。(一旦バスを降りた後少し道を戻って写真撮りました。)

Dsc06205_1

そして、ロータリーの松。

Dsc06197

???松じゃないのかあぁ。。。
 
ときどき、変なオブジェも有りました。
いろいろなオブジェを楽しむならば、バスは左側に乗るべきかも。
 
バスが停まるところは、ロータリーに入り少し右にカーブしたところです。
「光大証券」前です。

Dsc06201

自分たちは目印に「光大証券」の看板を目印にしました。
 
googleMapを駆使して目印探しましたが、Viewがないので地図と航空写真から
いろいろ検討しました。
陸橋が多いのも地図から。
唯一川を渡るのも地図から知っていましたが、凍っていて上を人が歩いていました。
「。。。道じゃん」
 
そして、なんぜ、Googleの航空写真と地図はずれます(笑)
 
これはHotels.comのホテルの位置がずれて表示される問題に繋がっているようです。
(北京も同じ問題でさまよってます)
その時の話はコチラ
 
ということでこれからこのロータリーから目の前の『中央大街』を通り、
ホテルへ向かいます。
 
ここからが、、、もう大変。。。この後の話は(2)で。(つづく)

| | コメント (2)

2018年1月25日 (木)

2018/01/23_Kalafinaの10周年ライヴに行きました

Kalafina、一度は聴いてみたいと思っていましたが、
なかなか機会もなく。

今回10周年記念のライヴがあるということで、チケット申し込んだら当選しました!

で昨日、武道館で観てきました!

Dsc_0457

始まりは18:30。

正直無理です。
会社定時で上がって、帰りましたが、電車も雪の影響(ほんとか?)で
のろのろ運転です。

結局最初の2曲聴けず。。。

自分が知っている曲は『歴史ヒストリア』の曲だけなので、
それが聴けないとまったく意味がないのですが、聴けました!

ただ、弟が言うには最初の二曲のうちの一曲がそれだった、とのこと。

けっこう似ている曲が多いから勘違いしたのか。。。。

曲を聴いた感想は、ハモりがすごく絡み合って音楽として楽しい感じです。
ただ歌い方がクラッシックという感じではないんだなぁ、と感じました。

また、曲も次々と歌っていき、ライブ自体はアニメの曲の時に会場が盛り上がる感じ
ですが、みなじっくり聞いている感じなので反応自体静かです。

個人的には知らない曲ばかりでしたが、
バックバンドの方も上手くて聴きごたえあり、楽しかったです。

弟はどんなふうに歌っているのか分かってよかった!とも言っていて。
アニメとか見ているので結構知っている曲が多かったらしいですが、
家で静かにCDでじっくり聴いても良い音楽だと感じたようです。

ライブでは、結構3人が動き回るのも印象的でした。

今回のライヴ、DVDとかになってくれたら良いのにな。。。
(舞台の後ろの席なので映ってるかも。(笑))

 





3曲目は各ヴォーカルの絡み合いがよく解ります。
この3人だからこの綺麗な曲が出来ていることもわかります。

kalafinaのライヴ中に頭に聴こえてきた別の音楽がありました。

KANSASの音楽です。
そう、kalafinaの曲はKANSASの壮大なプログレと通ずるものがあると思いました。



 

どうでしょう?(笑)
 
ライヴまでの10年の歩みを映画にするそうで、楽しいのかなぁ、と思ってましたが、
下の映像観ると意外とアリかも、と思えるくらい色々なその時々の感情をみせる
三人がいました。
 

 
これからも楽しみです。
本当にオリンピックの曲とかもやって欲しいですね♪

| | コメント (0)

2018年1月24日 (水)

2017/12/31~1/2_ロンドンに行きました(4)最終日のロンドン

さて最終日。
といっても3日目で、ロンドンにいた時間なんて少しです。
もう少しゆっくりしたかったかなぁ。。。

でもなんでも高いので、ここまでが精いっぱいかも。

朝早くからチェックアウトして、まずはホテルの近所にある自然史博物館へ。
昨年、上野に始祖鳥の化石が貸し出されて観に行きましたが、
その貸出元の博物館が近くにあるので一目だけ見てくることにしました。

はい、ひとめだけ(笑)

Dsc05871

朝早すぎて開いてないけど、なんだか工事してました。
これが理由で大量に貸し出されたのかなぁ。

そして、またホテルのところまで戻って、ガーファンクルで朝食を食べました。

Dsc05884

Dsc05888

これ、うまかったー! 真ん中の黒いのはキノコです。
うまうまです。

そしてから、まずは「バッキンガム宮殿」へ。

Dsc05913

なんだか意外とこじんまりした感じです。

Dsc05914

門の前にある塔。
この周りを衛兵さんが廻ったりして、交代式をするらしいです。

そして冬服の衛兵さん。

Dsc05918

と見学終了。

次は、アビイロードです。

Dsc05953

いちおうこの路は渡りましたが、写真はなし。
車と通行人はイイ感じに気を使いながら、みな写真を撮ってました。

そして、「アビイロードスタジオ」

Dsc05959

柵とか、もう落書きだらけです。

ビートルズ好きなやつが書いたとは思えない落書き。。。
この横断歩道も、年代の若いやつらばかり集まっていて、なんだかなぁ、と
言う感じです。

(まぁ、自分もそんなに大好きという訳ではないのですが。(笑))

さて次は、「大英博物館」です。

Dsc05967

博物館はロンドンでは無料で入れます。(荷物チェックはあります)

中に入り、目指したのはコレ。

Dsc05971

「ロゼッタストーン」です!

はい、横から。

Dsc05969

将棋の駒みたいです。

そして裏から。

Dsc06006

溶けたチョコレートみたいです。

そしてこの日、雨がちろちろと降っていたのですが。
中に入ったとたん雨がちと強くなってきて、外に出られなくなったので、
もう少し散策しました。

Dsc05979

モアイです。本物です。

そのうち雨が小降りになったので外に出ました。

そろそろお昼にしようかと思いながら歩いていると、見つけました。

 「プレタマンジェ」です。サンドウィッチ屋さんです。

Dsc06019

やっとここで食べられる。

Dsc06017

オーガニックなサンドウィッチです。

食べた感想。。。「オーガニック売りにしているのはわかるけど、、、う~ん」
という感じです。(笑)

う~ん。チョイスの失敗はあるかも。。。残念。。。

そして次に向かったのは、ビックベン経由、「ウェストミンスター寺院」です。

まずは「ビックベン」

Dsc06021

橋の方から。
なんだか違う建物みたいです。。。

Dsc06025

ううう、なんだかなぁ。。。ある意味レアだし。

そして裏側に廻って「ウェストミンスター寺院」です。

Dsc06032

Dsc06044

ただ、入館料が高いので入るの止めました。

ほか工事中の建物。

Dsc06058

Dsc06064

Dsc06066

その後、再度タワーブリッジを観に行きます。
このとき、自転車に乗った子供たちから声掛けられます。

「エクスキューズミー!」
 
「?」
 
「トイレありませんか?(英語で)」

ええっ?ここに住んでるお前らの方が詳しいだろ? と思いましたが
いちおう返事しました。

「。。。Me too(自分も。)」

 

「ギャー!○▽×△!!!」  子供たちが悲鳴あげました(笑)

いや、本当にトイレ探していたので、同じ苦しみを分かち合おうとしたのですが、
面白かったです。(なお、駅にちゃんとありました)
 
ただ、あまりにも悲鳴だったので、(あれ? まさか『to Me』とか言わなかったよな?)
と考えちゃいました(笑)
『to Me』だったら、自分でもマジ悲鳴もんです!

その後、トイレ行って、写真を撮って。

Dsc06095

Dsc06098

 

ちょっと早めですが空港に行くことにしました。

電車は青の地下鉄です。

が、この電車、帰りは途中で乗り換えが発生するみたいです。

Dsc06106

まぁ向かいの列車に乗れば良いだけなのですが、
最初わからず。

みんな降りるんだなぁ、と見ていたら、 
親切なおばさんが「降りないと」と教えてくれました。
 
ありがたい。
ロンドン、親切なひと(女性)が多いです。おせっかい焼きさんなのかなぁ。。。
 

でも、帰りは行き先確認して乗りましょうね。

さて、空港についてからなのですが、
チェックイン時間が近づいてきて、並ぼうとしたら、ガードマンに
「あっちでまずはやれ」と言われて。
 
指さす方をみると、なんとセルフチェックイン端末です。

これよくわからないんだよなぁ、、、と不安な気分に。
 
でも、いちおう見たら日本語の選択が出来たので、
なんとかなるか、とやってみました。

が、なぜか途中から中国語になります。。。ますます解りません(泣)

座席指定とかするのにいっぺんに二人分をやろうとしたのが間違いでした。

適当にやったら、なんと、弟のチケットが2枚必要なのに、
1枚しか印刷できませんでした。
そのあと自分がやったら自分の分だけは2枚出ました。

そのあと、何度も印刷しようとしますができません。。。

や、やばい!

もう、必死でガードマンに1枚足りない!印刷できなかったと説明。
「わかった、こっちで並べ」って、受付に入れてくれました。
 
「ここに並んで相談しろ」ということです。

で、チェックインカウンターですっげ―説明して。
伝わったようで笑いながら印刷してくれて、すっげ―沢山の感謝の言葉言いました!
(ほとんどジェスチャー。(笑))
でも、助かりました。

ロンドンの空港のチェックインはJTBさんとかでチケット手配していると、
帰りの航空券も来た時から持っているのかもしれませんが、
そうでない場合は、セルフチェックインを操作する必要があるみたいなので、
ご注意ください。

そして中国国際航空のチケットは座席指定は無料で出来ますが、電話で窓口に
連絡する必要があります。
そして、羽田発の便は出来ますが、
北京→ロンドン間の座席指定は当日出ないとできませんでした。

なのでセルフチェックインは、荷物のTAG印刷、そして座席指定、チケットの印刷
が必要です。

ううう、、、いろいろめんどくさい。

ただ、いい勉強になりました。
セルフチェックイン、ちゃんと使えるようになろうっと。

ということでロンドン旅行はこんな感じでした。
 

| | コメント (2)

2017/12/31~1/2_ロンドンに行きました(3)夜のロンドン

続けて行きます。

ストーンヘンジのツアーから帰って、すぐにご飯に行きました。

グロスター ロード駅の前にあるコチラのお店です。

Dsc05789

「BYRON」です。

ここはハンバーガーが美味しいらしい。

BYRONバーガーとフレンチフライ、食べました!美味しかったです。

Dsc05786

Dsc05782

定番でビール♪

しかし、ロンドンの従業員のひとは愛想も良いのに、日本人以上に動き回って
仕事パキパキ行ってます。

日本人が一番働いているなんて、認識間違いです。
ロンドンの店員さん以上に働いている人知らないです。

びっくりしますよ。。。

腹ごしらえが終わったところで、さっそく観光。

まずはパディントン駅

Dsc05796

かなり広い駅です。
空港からの特急が止る駅ですね。

Dsc05798

で、なんでここに来たのか、というと。

パディントンを探しにきました。

コレです。



これの銅像があるということで、一応。

でもどこにあるのだかさっぱり。。。
悩んで悩んで、、、ホームの時計があるところを見つけて、
「あそこじゃない?」と行ったらありました。

Dsc05799

Dsc05802

おおおっ!  かわい、、、くない?

あれ。。。もうちっとかわいいと思ったんだけどなぁ。。。

はい。まぁよいです!

次は、昨日見れなかったビックベン! 夜のライトアップ状態を観に行きます!

が、、、なんと。

Dsc05807

工事中。。。

まじか、、、鐘、鳴らなかったんじゃないか? コレ。

朝、日テレでニュース観てたんですがその時にビックベンがいつも写ってたんですよ。
それで一度見てみたいと思ったんですが。。。

ただ、朝のアニメが、「おはようガッチャマン」からタイムボカン、
そしてとうとう貝社員になって不快極まりない朝を迎えるようになり、耐えられず、
フジテレビに変えちゃったんですよね。
紙兎ロペにしました。

どうも工事が開始されたのはチャンネルを変えたところからだったようで。。。

くぅぅ!

鐘鳴らないどころか、形すらよくわからない。。。もうロボットみたいだ。。。

Dsc05817

ウェストミンスター橋からの写真。

なんだか燃える様に光っちゃってます(泣っ)

左となりは「ウェストミンスター宮殿」で、国会議事堂として使われているところです。
こちらも工事中。。。

この裏に「ウェストミンスター寺院」があったらしいのですが、観るの忘れていました。

残念。。。(翌日、日中に観に行きました)
 

 
そして川の反対側にある、「ロンドン・アイ」

Dsc05814

そしてまた電車で数駅移動。
タワーブリッジに向かいます。
 
まずは「ロンドン塔」

Dsc05826

おおおっ、なんだか空の色とか、不気味に写ってしまった。。。
 

Dsc05834

ロンドン塔の奥にタワーブリッジが見えます。
 

Dsc05845

Dsc05853

Dsc05861

う~ん、勝どき大橋みたいなもんだな。
 
とココまで観光して2日目終了です。
 
次は最終3日目の観光と帰りの飛行機に乗るまでです♪

| | コメント (4)

2018年1月22日 (月)

2017/12/31~1/2_ロンドンに行きました(2)ストーンヘンジ

さて2日目です。

2日目、1月1日元日からストーンヘンジの現地ツアーです。

まずは朝の食事。
サンドイッチの有名なチェーン店があるという事で、そこで食べよう!ということに。
お店はどこにでもあるらしく、一応ツアーの集合場所へえ行く駅「ヴィクトリア駅」で
食べようとしたのですが、1月1日だからか、やってませんでした。

しかたなく、集合場所途中にあったお店でパニーニを食べました。

Dsc05510

まぁ、それはそれで美味しいんだけど。。。まぁいいか。

腹ごしらえができたので、さっそく「ヴィクトリア・コーチ・ステーション」に
向かいます。(バスステーションです。)

Dsc05513

受付にチケット見せたら「④で待っていてツーリストが時間になると来るので」と
英語で。

バスの乗り場の④のところに行くと。。。

お目当てのサンドイッチ屋さん、やってました。。。(泣)

Dsc05515

どこにでもある、という話だったけどここにもあるとは。。。
自然なものを使ったサンドウィッチ屋さん。オーガニックってやつですかね。
イギリスではザリガニも食べるらしいので、それが食べたかったんですけど、
すでにお腹いっぱいです。。。 

Dsc05516

このバス、ツアー以外にも空港行きとかもあって、ツアーの待ち合わせ場所っぽく
ないです。
バスステーションでツアーもやっている、そんな感じ。

だって、日本語の説明がつく、と言われていて日本人が来るのだと
信じてたんですが、イギリスの女性の方でした。
最初、ツアーの方バスに来て下さい!という声でわぁーっとバスに
向かったのは外国の方が多数。

日本人は10名くらいでした。
ガイドの方は英語と日本語の説明をするという
なんとも手が廻らない感じ満載のツアーになっちゃいました(笑)

待ち合わせ場所がこのバスステーションではないものもツアーにはあるみたいなので、
そっちの方が良かったかなぁ。

まぁ、ツーリストさんは一生懸命なので好感は持てました。

ツアーは最初に「ウィンザー城」へ向かいます。

Dsc05533

Dsc05547

Dsc05566

Dsc05569

お城っぽい写真を4連荘!!

お城見てもあまり感動はなかったです。

あと写真は撮れなかったんですが、教会の中にも入りました。
教会の床には沢山字が書かれていて、、、そう。イギリスのお墓は床の下にあって、
みんな踏んで歩いてるんです。
なんか踏んだら罰当たりな気がして避けて歩いちゃうんですが、
そういうものらしいです(笑)

そしてもうひとつ。これの写真も撮りました!!!

Dsc05588

Dsc05603

ちゃんと時々左右に行進します。

見たかったんですよね。ロンドンって言えばこれですから。
でも、赤い服じゃないんですよね。。。

調べたら、なんとこのグレーは「冬服」らしく、赤い服は暖かいときに着ているそう。

ま、マジか、、、やっちまった。。。

そして街の散策へ。

美味しそうなパン屋があったので購入♪

Dsc05611

Dsc05613

う~ん。普通(笑)

そしてウィンザー城は、電車の駅があってアクセスも楽みたいです。
バスが止められたのはその駅の先の駐車場。

そこには移動式の遊園地みたいなのがあって、そこも時間があったので見てきました。

Dsc05623

なんか小さなジェットコースターがいくつもあって、
子供のはしゃぎ声聞いていると可笑しくて(笑)

一番感動したアトラクションがこれ。

Dsc05624

ペンギンのアイススケート(笑)
ペンギン抱っこしながら滑るものらしい。

とまぁ、ほんわか気分で次はいよいよストーンヘンジです。

バスの中で解説を聞くためのシート(これに機械を当てると説明が聴ける)と
機械を受け取ります。

Dsc05626

Dsc05629

そしてバスを降りてチケットと案内パンフを受け取ります。
ここから自由行動です。

Dsc05638

遺跡近くまでは専用のバスに乗り換えて移動し、皆でぞろぞろと移動します。

Dsc05645

Dsc05652

すっごい人の多さ。写真も最初は自撮りする人が多くなかなかうまく撮れません。
が、しばらくすると皆居なくなります。

数分撮れば、写真も撮り飽きちゃうからですね(笑)

無理して写真撮らずに空くまで待っていた方が正解です。

そしてこんな感じに写真撮りました。

Dsc05666

Dsc05687

Dsc05689

これ柵があって、石の近くには行けません。
なんでも昔の人のお墓だということは解っているそうです。

調査も完了していないので柵までの移動ということです。

逆に皆いけないから写真も綺麗に撮れます!

そして、さすがパワースポットです。

スマホで撮った写真。
青い光と赤い光が写ってます♪

Dsc_0447

これはさらに凄いですよね♪

Dsc_0448

おおおっ!なんか良いことありそうですっ!!!

ストーンヘンジですが、展示施設などもあったりします。
だけど入らず。

こんなお土産屋さんとかもあります!(Tシャツとか。(笑))

Dsc05701

あと古代人の住まいの復元。

Dsc05703

そして、石。。。

Dsc05709

は、実物ではなく、

Dsc05710

引っ張ると力の量で光るという遊びができるもの(笑)

とまぁ、こんな感じ。

そしてこのあと、最後に、オックスフォード大学へ行きます。

これはもうオマケみたいなものでした。
本当は、ハリーポッターの撮影で使われたところがいっぱいあるらしいのですが、
そんな中に入れるわけもなく。
ただ、歴史的な建造物とかもある由緒ある大学と
その街は、イギリスっぽいかんじでよいです。

ただ、、、もう途中から真っ暗になっちゃうんですよ(笑)
 
小一時間でこんな感じです。

Dsc05718

Dsc05737

Dsc05739

Dsc05747

Dsc05760

ね! もう真っ暗ですよ。どこ歩いてるのかわからないくらい。
 
「はい。しばらく自由行動! 時間までに戻ってきてくださいね」
 
と言われたんですが、怖くて移動できない。
さらに夜は寒くてお土産ショップにしか居られない。
 
なんでも時間すぎてしまい、お店に無理を言って開けて貰っていたそう(笑)
 

Dsc05769

くまだったり、スプーンだったり、と、まぁ、そそるお土産がたくさん。
いちおう、「ご飯だよ!」とお知らせする用に呼び鈴を買いました。
オックスフォード仕様です。
 
そして、ツアーは終了。途中駅で下ろしてくれる、ということで、
ノッティングヒル駅にも停まってました。
その次の駅が「グロスター ロード駅」で、なんとホテルの目の前に降ろしてくれました。
(自分たちが気づかず、そこから信号渡ろうとしたところで気が付きました。)
 
一旦部屋に戻り、このあと再度、夜のロンドンに出かけます♪(つづく)







| | コメント (2)

2017/12/31~1/2_ロンドンに行きました(1)

更新できずスミマセン。

昨年末のロンドン旅行の話から書いていきますね。

飛行機はこんな感じ。4/1に取ったチケットで、一人 6万6千円(笑)。安い。

--------------------------------------------------------------------------
 出発 2017年12月31日(日)08:30 東京/羽田空港発
 到着 2017年12月31日(日)11:30 北京国際空港着  CA184便
 出発 2017年12月31日(日)14:30 北京国際空港発
 到着 2017年12月31日(日)17:50 ロンドン/ヒースロー空港着 CA855便
  -----------------------------------------------
 出発 2018年01月02日(火)20:25 ロンドン/ヒースロー空港発
 到着 2018年01月03日(水)14:45 北京国際空港着 CA856便
 出発 2018年01月03日(水)17:20 北京国際空港発
 到着 2018年01月03日(水)21:30 東京/羽田空港着 CA183便
--------------------------------------------------------------------------
 

まず12/31(日) 朝(5:21)から羽田空港行きのリムジンバスで移動です。
が、さすが年末。人がいっぱいで乗れません。

なので、電車に変更。それでも羽田に6:20には到着しました。

ここから、中国国際航空を使いロンドンに向かいますが、一旦北京でトランジットです。
北京で3時間乗換に時間があったのですが、中国はいろいろと待たされることが多く、
トランジットにも長蛇の列が。

あまりにも長すぎて「この列、本当にトランジットの列なの?」と不安に。

これは自分以外のかたも並びながら思うらしく(笑)。
「やっぱりちがうって!」とか日本語で聞こえてきます(笑)

それでも3時間のゆとりがあったので大丈夫でしたが、荷物チェックがかなりうざいです。

その後もそこそこ時間通りに出発し、少し遅れて、6:27分に到着しました。
まぁ、いいでしょう!

そして入国審査です。入国カードは事前に書いて提出します。
ロンドンの入国審査は少し変わっていて、どの国も一人ずつチェックするのに、
ここは旅行客の団体ごと(自分たちの場合は兄弟二人)で一気に受け付けます。
その代り英語で質問されます。(といっても簡単な何日?観光?兄弟?とかですが)

スタンプはちょっと大きな四角い黒いスタンプです。
さすがユーロでもポンド使う国です。

ヒースロー空港からまずはホテルへ向かいます。
「ヒースロー空港ターミナル2、3」駅からですが、
特急「ヒースロー・エクスプレス」が出ていてかなり短い時間で中心部の駅まで行けます。
ですが本数が少し少なく、料金も高いです。
最初の予定はこの特急を使おうかと考えていましたが、

待ち時間が発生すると遅くなりそうだったので、普通の地下鉄に変更しました。
 
青い線「Piccadilly Line (ピカデリー ライン)でそのまま乗り換えなしです。
 
結果、40分程度で目的の駅「グロスターロード駅」に到着です。速い!
 

Dsc05378

この電車、変に丸っこくてチューブとか言われているらしいですが、
ドアとか背もたれに出来ないです。(まっすぐ立てないので)
 
でも地下鉄のルールが解りやすくてとても便利です。
 
切符の自販機は、フランスと違い、日本語の表示切替ボタンもあります。
この自販機でオイスターカード(日本のSUICAみたいなもの)が購入できました。

Dsc05371

これ、後から追加チャージできるし、残高も自販機で確認できて楽々です。
さらに料金が区間ごとに決められていて、市内だけならば上限金額超えると
それ以上課金されない仕組みです!すばらしい!!!
 
これを使って旅行中、あちこち移動しまくりました。
 
なお、チャージ金額は、3日間の市内移動と市内から空港までの往復で
25ポンドくらいで足りるらしいです。
ただ、市内の上限が11.80ポンドらしいので、なので一旦+5ポンド(デポジット)含め
一旦35ポンドにしました。(最終日に5ポンド追加)
なお、自販機でお釣りが無い場合、購入できてもお釣りは出てこないらしいです。
 
さて、駅に到着し階段上がって改札出ます。
 
出て左側にはキヨスクというか、コンビニというかがあって、
さらにお店がいくつか並んでいて便利そうです。
その左側に十字路があり、、、、よく見たら目的のホテルがありました。
駅の真ん前(笑)
 

Dsc05385

Dsc05390

ホテルモンタナです。
 
受付時には特に何もなく、デポジットも無しです。
カードキーを借りましたが、そのカードキーが上手く入れないと接触が悪く
なかなか開きません。
 
一回カード交換してもらいました。(弟が)
 

Dsc05395

Dsc05396

部屋の中は良い感じです。不便まったく感じず。
ただエレベータが古く狭いのでちと怖いのと床が歩いていて沈む感じが
古さを感じるくらいですかね。
 
ロンドンではここ、なかなか安くて便利なので大満足でした。
 
さて、荷物を降ろしてさっそく食事と観光です。
  

Dsc05386

駅の並びにある「ガーファンクル」へ。
チェーン店みたいで他の街でも見かけました。
ネットで調べて美味しいと聞いていたので早速。
 
イギリス・ロンドンと言えば、「フィッシュ&チップス」(これ以外は不明。(笑))
併せてビールも注文。 

Dsc05400

で、出てきたのがコレ!
Dsc05402
LONDON PRIDE!

Dsc05406

そして「フィッシュ&チップス」。
串にささっているのは焼き檸檬でこれを絞って掛けます。
 
大きさ、写真では伝わりませんがかなり大きいです。
もうこれだけでお腹いっぱいです。

そしてなかなか美味しかった♪
 
弟と大満足でさっそく観光開始。

■「グロスターロード駅」
| 青い線「Piccadilly Line (ピカデリー ライン)で3駅。
■「ハイドパーク コーナー アンダーグラウンド ステーション駅」
 
ここは、「ハードロックカフェ」の1号店がある駅なのです。
 
改札出ると、ハードロックカフェの行き先が書かれています。
さすがもう観光名所なんだ!と感動しながら通路を出ると。

Dsc05418

なに?この馬。公園???
 
そう。この公園のところの隣を通る道の反対側に街があり、その並びに店があります。
こちらからだと信号が無く渡れません。。。
 
反対側の出口から出るべきでした。
 
そしてなんとか遠回りしてハードロックカフェ1号店に到着です。

Dsc05428

お店の中はかなり混んでいてお客さん来ては断られていました。
 
PINSは、このお店の道挟んだ隣に別店舗でありました。
なかなか品ぞろえが良かったです。
 
購入後は次の場所へ向かいます。
 
■ハイドパーク コーナー アンダーグラウンド ステーション駅
|  青い線「Piccadilly Line (ピカデリー ライン)で7駅
■キングス・クロス・セント・パンクラス駅
 
この駅を出るとこんなホテルがあります。

Dsc05431

まじカッコいい!
本当は泊まりたかったホテルです。これ、駅と直結で部屋からホームが
観れたりするそうです。(ただその部屋は高いっす)
 
そして駅舎がこちら。

Dsc05433

これもなかなか渋い。
そして目の前の二人人が立っているところから入ると中はこんな感じ。

Dsc05438

で、ここでの目的ですがこの先にあります。
 
あの『ハリーポッター』の、プラットホーム9と3/4です。
 
が、、、あれ?
 

Dsc05444

な、ないぃぃぃぃ!
 
あの、、、あれ??
 
そしたら、他の観光客が。。。
 

Dsc05439

おおおっ! ちと違うけど正解!(つか、どこから持ってきたんだ?)
 
でも周りの観光客もこれで大満足でした。
  
そして次に向かいます。
 
■キングス・クロス・セント・パンクラス駅
|  3駅ほど(ピンク、黄色、紫どれでも)
■ベーカーストリート駅
|  グレーの地下鉄で6駅
■ロンドンブリッジ駅

まずは乗換駅の「ベーカーストリート駅」。
この駅名で気が付く人も多いかと。
 

Dsc05445

ホームズの事務所があったところですね。
駅の外には銅像があるらしいのですが、そこは見ず(笑)
駅の壁だけ写真に撮ります。

Dsc05448

う~ん、、、全然読んでないから話が分からない。
 
さて乗り換えて向かったのは、「ロンドンブリッジ」駅です。
 
ロンドンブリッジ!!!

名前だけは知っているあの橋!!!
 
ということで到着!
河に出てみると、こんな感じ。
 

Dsc05457

あ、あれ?なんだか近代的な???
 
目的の橋と違う。。。
 
と振り返るとありました。

Dsc05455

そうそう!コレコレ! でもロンドンブリッジってどっち???
 
答えは先の写真がロンドンブリッジ。次の写真がタワーブリッジでした。
 
「ロンドン橋落ちた」という童謡は、イギリスの古いマザーグースのひとつらしく。

遊び方は、子供がふたり手を繋いで橋をつくり。
その間の下を子供たちが潜り通っている間に歌を歌って。
歌い終わった瞬間に橋(腕)を下におろして、という遊びでしたね。
 
これは何度もロンドン橋は洪水とかで流されたので
色々な素材で作り直そうという歌らしいです。
 
なので近代的な橋で正解なんですね!

そして廻っているうちに0時近くなりました。
 
あと30分。
それまでにビックベンまで行って鐘の音を聞かねば!
なんでも大晦日の時しかビックベン鳴らさない、というふうに決まったみたいなので。
 
といって最寄り駅についたら、なんと通路閉鎖。
チケットが無いと通れないみたいです。
 
「き、聞いてないよ!」
 
仕方ないので他の観光客たちと同じように歩いて見えそうなところに向かいます。
こんな感じ。

Dsc05462

そこからずいぶんと歩いてやっと別の橋に到着。
 
人がいっぱいいる奥の方は弟が行きたがらず。
でも絶対見えないよ、、、これ。
 
 
そして観衆からカウントダウンが始まります。
 
「3、2、1」
 
「ビックベン!!!聞こえろっ!」
 
「0!」
 
。。。何も聞こえず。

 
しばらくして花火の音が。
 
そして見えたのは。

Dsc05471

ちろっ。
ビルの裏側に、、、ちろっ。
 
「うわぁ!!!やっぱりぃぃぃ!」
 
 

Dsc05481

少し移動して、、、でもこんだけ。
 
「はっぴーにゅーいやー! フォー!」
 
周り、、、叫んでます。(笑)
 
む、無理だろ、これで盛り上がれないだろ???
 
いや、外人すっげ―盛り上がってます。
 
酔っ払いっぽい。。。ちと怖い。
 
少し見て、ビックベンは諦め(聴こえないから)、取りあえず河を渡って
駅に向かうことにしました。
 
地下鉄はクリスマス時期は、運休で乗れないという話なのですが、
年末年始は24時間運転していて、さらに夜は無料という話。
なので安心して0時まで歩いてました。
 
橋を渡ったところで

Dsc05486

めいいっぱい花火が上がりました!
 
そしてみんな解散です。
 
河に沿って歩いていくと、利用できる駅が限られているようで、
利用できる先の駅へと歩いていきます。
 
そして途中にあった、「セント・ポール大聖堂」を外から見学です。

Dsc05488

昼間だと中にも入れるそうで(有料)。一回観たかったかなぁ。。。
 
その後地下鉄に乗ってホテルまで帰りました。
 
そして翌日のツアーに続きます(つづく)

 

| | コメント (6)

2018年1月19日 (金)

なかなか更新できず。。。

すみません。。。

仕事の忙しさで更新できず、今週やっと早く帰れるようになりましたが、
金曜日から「ハルビン」に行ってきます。

寒波でちと心配ですが、暖かい恰好で行ってきます。

来週からブログ更新します!!!

| | コメント (2)

2017年12月31日 (日)

今年もお世話になりました。

なかなか更新できず、すみません。

仕事がマジ忙しく、、、久々にガッツリ残業しています。
新しい職場に来てまだ一ヶ月なのに、なんだかもう半年ぐらい仕事した気持ちです。

その合間にも馬やって負けて。

友達が旅行行くのに携帯だけ預かって、お姉さんからのメールに
代理で応答したり、、、とか

弟が風邪でぐったりしたときに作った「火鍋」が意外に美味しくできたのと、
久々にニラ玉を作ってみたら、これもなかなか簡単で美味しいことが、
この歳になってわかったり。

クリスマス過ぎた時に、家をライトアップしようと太陽光充電するランプ置いたけど
まったく光らなかった(現在も進行中)ことや。

また「ふるさと納税」を、今度は熊本、鳥取、北海道と
やってみたり、、、

今月から契約社員になってしまったので、
給与振り込みの通帳を作ってほしい、といわれて東京三菱UFJに行って
休日手続きしようとしたら、土曜・祝日はやっているけど日曜だけやってないことで
一週間伸びて。
翌土曜日に行ったら、「以前、10年くらい前に田町で作られています。」
と言われて、「窓口対応が必要なので出来ません」、と断られたり。
(これ、まったく記憶が無いんですよね。。。なに銀行なのかもよく解らんン)

 

まぁ、ちと落ち着いたら書けるかなぁ。。。
今年は忘年会、一回も出来ずです(笑)

そして、これから年末年始の旅行に行ってきます。
イギリス、ロンドンです。
北京経由という飛行機で、2人で13万でした。
4月くらいに買ったチケットです(笑)

そして毎度のことながら速攻で帰ってきます(泣っ)

今日は今まで旅行の準備と、勤務表の作成とかやってました。
これから2時間だけ寝ます(笑)

ということで、今年もお世話になりました。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

| | コメント (7)

2017年12月18日 (月)

2017/12/09_上海に行ってきました。(その2)

もう一週間たっちゃいましたね。。。

土曜日は仕事で、
さらに弟に金曜日からちゃんとご飯を作ってたんですが、こんな感じ。
 金曜日  火鍋
 土曜日  ちゃんこ鍋(具材だけ買ってきて弟に作ってもらう。)

 日曜日  ニラたま。
 
火鍋は、マーボー鍋にしようと考えていたところ、気が付いたら火鍋になっていたという(笑)
美味しかったから良かったんですが。。。

この時生姜の皮むきを気合入れてやってたら、翌日筋肉痛になってしまいました。。。
 
土曜日は、完全に風邪伝された!と思ってたんですけど、
筋肉痛なだけでした。。。
 
ということで、今になって元気になり、ブログ更新です♪
 

今回は、「新場」駅へ行ってみました。
 
上海は元々、「川(運河)と、古い街」というような観光地が多いです。
ただ、行こうとすると、バスで一時間、とか掛かるので、う~ん、、、面倒。
と考えていました。
 
そしたら、近場にもあるという記事が。

「新場古鎮」

http://www.shanghainavi.com/miru/386/

ならば行ってみようという事で着いた駅から見えた景色がこちら。

Dsc05214

うわぁ、、、何もないよ。。。遠くにマンションが見えるだけ。
千葉の埋立地みたい。。。
 
いちおう、方向など下調べはしたんです。。。
 
でも歩いていきたいと考えていて。なんとなく、30分くらいるけば付きそう。という
漠然としたもので行ってみました。
 
エスカレータを降りると、客を待つタクシーや三輪バイクが居たりするので、
正しいみたいです。
でも歩いていこうと進んだのが間違いでした。。。
 

Dsc05217

見ての通り埋立地。。。っぽい。
 
上は電車が通っていて。
この先にある広い道を右に曲がります。
 
バス停があって、ほんとうはココでみなバスに乗るらしい。
 
沢山人が待っていましたが、歩いて行きます。
 

Dsc05218

こんな景色が広がってきます。もうホコリまみれです。。。
 
この先に大きな橋があり、そこまで15分ほど。
この橋を渡ってさらに15分ほど進んで、右に曲がっていくと、着いたらしいのですが、
もう、、、心折れました。
 
橋まで行ってこの先になかったら、、、と思うと『帰った方が良いか』、と
思っちゃいました。
 
帰りに自分たちと同じように歩いてくる人も居たので、そのまま行けばよかったかも、と
思いましたが、あとで弟の足の指をみたら靴擦れで水ぶくれが出来ていて(笑)
 
歩かせるの止めて良かったと思いました。
 

Dsc05220

これは駅にあった看板。。。あることはある!。。。次回、行ってみます。バスで(笑)
 
 
さて、今回の旅は食べること目的ですから、あとはやることがありません。
 
かなり疲れてしまい、どこかに座りたいところですが、そんなところありません。
 
(ホテルに泊まれれば休めたのに、、、という後悔も)
 
仕方ないので、外灘(ワイタン)で景色みながら休むことに。
 

Dsc05221
 
ですが、、、今回、本当に『寒すぎ』ました!
 
日の当たる、風のこないところ探しても、みんな同じこと考えるみたいで(笑)
 
そして、次の食事のために、お店に入って、、、という事もちと出来ず。
 
それでも一時間ぐらい粘ったんですが、
 
『諦めて近場の以前食べたお店にもう一回行こう!』
 
という事になりました。
前来たときに泊まったホテルの向かいにあった中華のお店も美味しかったんです。
 
なので前泊まったホテルに向かいます。
 

Dsc05225

橋を渡り。
 

Dsc05230

前に泊まったホテル。
 
そしてその向かいには、、、、な、何もない。工事中。。。
 
中国は基本、国の土地だから、追い出されちゃうんですよね。。。
 
うわぁぁぁ、どこいったらいいんだー! もうこの寒さに耐えられんっ!!!
 
ホテルの周りを廻りながら食事できるところ観ましたが、
火鍋とか、、、美味しそうです。
 
でも、、上海ガニ、もしくは上海料理が食べたい! と思い、
『なんでも良いけど、どれでも良いのではない』という店探しが始まります。
 
やばいパターンですよね。。。見つからない感じ、、、しました。
 
でも大体このあたりに店があるだろう、、、と予測していたので、
行ってみたらありました。
本当は以前行った『上海姥姥』https://restaurant.his-j.com/jp/jp/detail/SHA0008.htm 
でもいいか、という感じでした。
 
このお店です。

Dsc05239

『蒋榮興 外滩汤包』さんです。
 
外から点心作っているのも見えます。
 
上海といえば点心だし、もういいか、という感じで店に入ったら中は広く、
こんな感じです。

Dsc05252

自分たちは4人掛けの半個室(日本のチェーン系居酒屋っぽい)でした。
 
注文したのはこんな感じ。
 

Dsc05245_1

そして出てきたのは、これだっ!!!
 

Dsc05247

Dsc05248

Dsc05255

Dsc05256

Dsc05257

Dsc05259

一番旨いのは点心でした。
あのカプセルに入った点心!めちゃうまでした。
そして、ビールと、香菜の乗ったあひる?の肉が旨かったです。
 
さかなと角煮は、上海とかこの周辺の有名な料理だったので、
つい頼んでしまいました。
 
二人でだったらこんなに要らなかった。。。
 
でも食べきりました。。。お腹いっぱいです。
 
そして再度夜景を。
 

Dsc05268

ううう、まだ早すぎてライトアップが途中。。。
 
頑張って待って。。。
 

Dsc05313

塔のライトアップが完了!!!
 
もうここまで見たら満足です。
直ぐに空港に移動しました。

そして空港でさらに食事をしようと、待ち続けました。。。。が、
やっぱり無理でした。
 
お腹が、、、お腹が、、、、。。。。まったく空かない。(泣っ)
 
という事でそのまま帰国。
さらに帰国後もあまり食べる気せず、家の近くでコンビニでパン買って帰りました。
 
ということで、美味しいものは食べましたが、
次回からはちゃんと避難場所(ホテル)のある旅行にすることに
しました(笑)
 
日曜日は朝から家にいましたが、結局何もできずでしたから、ダメダメです。

残念。。。

| | コメント (8)

2017年12月11日 (月)

2017/12/09_上海に行ってきました。(その1)

上海に行ってきました。

12/08(金)     羽田へ移動。
12/09(土) 02:10  羽田発。 
       05:00 上海着。(時差-1時間)
            <ここから17時間の観光>
12/09(土) 22:00 上海空港着
12/10(日) 01:25 上海発。
       05:00 羽田 着  という旅行です。

ということで、ホテルは「予約なし」。です。

ほぼほぼ日帰り旅行。
24時間その国に滞在しなければ空港使用料が安くなる話もあるのですが、
とくに気にせず。。。

ただ、中国は入国カード(パスポートと一緒に入国時に提出するカード)に
宿泊先を書きますが、ここも、「1 day Trip」とだけ書きました。

書いた理由は、ここに何も書かないといろいろと言われるためです。

何か書いてあれば、受付としては問題ないので、宿名ではないですが、
いちおう文字書いておきます。
(何かあった場合の現地連絡先が必要なためだけなので、
 宿を決めていないときなど、宿泊予定のホテル名だけでも良いです。)

大した話ではないのですが、いちおう。

 

今回は、9~11月は上海ガニの季節なのでそれを食べよう!ということと、
いつもの様にハードロックカフェ目当てです。

まずは空港での朝食。

先に空港の行く店を調べてたの忘れてて、適当にお店に入り注文。

朝からガッツリ食べました。

Dsc05137

Dsc05138

Dsc05139

これ食べた後、空港内のコンビニで飲物買って飲んだ後に
地下鉄で移動です。

と改札前についたら、なんだかお店がいっぱい。
弟に、
「あ、メモにあったお店じゃない?ここ。」と言われたのが、コチラ

Dsc05142

ここで、事前に調べてたこと思い出しました。。。残念。

このお店は釜でごはんを焚いて出してくれる中華料理屋さんで、
中国に広く展開している人気店らしいです。

営業時間も6時~22時。仕方ない、帰りに来よう。。。

いつもはリニアに乗るのですが、ちと高いので地下鉄にしました。

ただ、地下鉄は混んでいるのでゆっくりしたい方はリニアが良いかもです。

地下鉄が便利なのは、2号線という、観光に使う主要な線が空港まで繋がっている
という点です。(途中で線自体が切れるので、駅でホーム向かいの電車に
乗り替えが必要ですが)

ここから、まずはハードロックカフェに向かいます。

とここで、大間違い。。。外灘(ワイタン)に向かう時に降りる「南京東路」駅で
降りてしまいました。

しばらく地図見ながらさまよって、ここで弟が、
「あれ、地図の駅名がメモの駅名と違う」と言い出しました。。。

いっくら、12号線の駅さがしても無いわけで。
さらにユニクロの場所が地図と違う訳です。。。

ハードロックカフェがあるのはここから2駅先の「南京西路」駅でした。(泣)

あああ、下準備不足です。
上海タワー、なんだかすごくでっかく見えたんですけど気づかなかったっす。。。

「いやぁ、久々に見たらでっかいんだね」って言ってました。。。(笑)

しかたなく、また時間もあったので2駅分歩きました。

10時開店なので。
駅から2号線の駅に到着。30分くらい歩いて到着です。
でも道がうねうねしているので、間違えそうで。。。
2駅だけでも電車に乗った方が良かったです。

ハードロックカフェ。。。店前にギターのオブジェは無かったです。

Dsc05172

Dsc05174

地下鉄12号線の13号出口。 の目の前にあります。
(入口は前の写真の看板の下のみ)

PINSは上海タワーのものと、蒸し器に入った点心、あとはドラゴンフェイスのもの。

レートの関係から他の店と比べても高めでしたが、イイ感じのものが入手できました。

そしてお腹もこなれてきたので、次は一番の目的、上海ガニ、、、のラーメンです。

また、「南京東路」駅へ戻ります。(今回は電車で移動。(笑))

そして、駅から南へ高速道路?陸橋?近くまで移動します。
その近くにお店があるはず、、、なのですが、見つけられません。
11時にお店が開くのでその直後ならすぐに入れると思って必死に探しますが、
また見つけられません。。。
住所の番号とビルに書かれた番号見ながら探すと、、、ありました!!!

Dsc05191

メニューは基本3つ。
そして金額は入口に見える黄色く光る文字に書かれてます。

お店に入ると席が空いていてすぐに案内してくれました。
席に着くと電子PADを持って来て3つの写真を見せてくれました。
そこには、「カニの身のラーメン」「蟹みそラーメン」「上海ガニ一杯」
が載ってました。でも写真だけなんです。
 
注文がお店の方にはなかなか伝わらず。メモに書いて渡すのが正解でした。。。
 
なんとか「蟹黄金」(蟹みそラーメン)、 「蟹肉肉」(カニの身のラーメン)注文しました。
 
 「蟹黄金」360元   (今回1元=18円くらいなので、6480円)
    「蟹肉肉」72元     (今回1元=18円くらいなので、1296円)

朝に食べた中華セットは88元で、空港料金で高めだと思いましたが、
こちらもかなり高いです。
 
まずお通しで出てきたのが、ピーナッツと生姜スープ。

カニだから体が冷えない様に、というものなんでしょう。
 

Dsc05181

これ、ピーナッツがかなり甘い味で美味しかったです!
 
スープもあっさりしていて美味しい。
 
弟「このピーナッツ、ほんとうに美味しい!持って帰りたいね。」
 
自分も同意見です!!!
 
そしてカニの身のラーメンです。

Dsc05183

そしてすぐに出てきました。
 

Dsc05185

Dsc05186

取り(スープと同じお皿)を持ってきてくれたので、弟ととりわけました。
 
実のラーメンも美味しいのですが、味噌のスープも卵がいっぱいで美味しいです。
 
ただ、味が濃い分飽きるのも早いので、半々で分け合うとちょうどいいです。
 
お店の雰囲気は、中華っぽくなく、日本の表参道とかにありそうなお店でした。
すだれがインテリアに使われていて日本っぽいです。
店員さんの対応もかなり親切で良かったです。オススメです。

参考に書いておくと、このお店トイレはホテル並みに綺麗ですが、
外にあるのでエレベータで2階に上がる必要があります。
その際には店員にエレベータキーで2階を押してもらわないと行くことが出来ません。
(帰り1階に戻るときはキーは不要)
 
この面倒が嫌な場合は、店を後にした後、外灘へ向かうとすぐにあります。

というか、このお店自体が外灘から来ると解りやすかったです。
 

Dsc05196

Dsc05198

ちょうど外灘(ワイタン)の「旧ユニオン・アシュアランス・カンパニーズビル(外灘3号)」
から入ればすぐにあります。(並びなので)

そこからの景色。
 

Dsc05202

つづく。。。
 
 

| | コメント (6)

«いつか行こうと思ってるお店。